100均便利お掃除グッズ徹底比較 手袋型ゴミ袋編

100均便利お掃除グッズ徹底比較 手袋型ゴミ袋編

使って納得 目から鱗のアイデア商品

排水溝の髪の毛、ペットの汚物など、直接触りたくない汚い物を触るとき皆さんはどうしていますか?袋に手を入れてゴミを掴み、そのまま袋をひっくり返して捨てたことがある人は多いのではないでしょうか。この時、使用する袋がもしも手袋型だったら、きっともっと細かいゴミを掴むことができると思います。そんな着眼点の素晴らしい商品が、100均業界では唯一ダイソーから発売されています。

普通のビニール袋で代用できそうだと思われるかもしれませんが、普通のビニール袋って肝心なところで手が抜けてしまったりズレることが多いもの。そして大事なところで破れると大惨事。それに比べると、この商品は手袋の形だからこそ、指1本1本をフル活用して細かいゴミもキャッチできます。実際に使用するとよく分かるのですが、手袋型なので指の動きに制限がないんですね。また、手袋型なら使い捨てのビニール手袋でも代用できそうですが、使い捨てビニール手袋との徹底的な違いはひっくり返した後にあります。手首の部分がアーチ状にカットされているので、端と端を結んで捨てやすい点です。さすが、汚いものをなるべく触らないようにとの考えから生まれた商品。徹底的に手を汚さない工夫はさすがです。

汚いものを手を汚さずに掴んで捨てるための商品ですが、もちろん工夫次第ではいろんな場面で役に立ちます。私がよくやっているのがこの商品と軍手の重ね付けです。まずこの商品を手につけてからその上に軍手を重ね付けするだけですが、本当に便利です。重ね付けした軍手で汚いところをそのまま拭き掃除します。すると終わった後に軍手にも触れずに引っくり返して捨てることができます。もちろん、薄手の布を軍手の代わりにすることもできるのですが、袋が破れにくいのは断然軍手です。安心感が違います。

手袋型ゴミ袋を比べてみました

今回はダイソー以外の100均での類似商品の取り扱いが無かったため、比べる相手は大手通販会社AとBです。

まずはAが販売している、商品名「つかんでくるんで便利な消臭ゴミ袋」60枚入り。縦350mm×横180mmのフリーサイズです。60枚入りが1572円。1枚あたり26.2円。今回の調査では一番割高な商品でした。

次にBが販売している、商品名「つかんでくるんで便利な消臭ゴミ袋」Aの商品と同じものですがこちらは120枚入りです。サイズももちろん同じく縦350mm×横180mmのフリーサイズ。120枚入りが1458円。1枚あたり12.15円。同じ商品ですが半額以下の結果となりました。

そして最後にダイソーが販売している、商品名「ゴミ取り手袋くるんポイ」18枚入りです。縦330mm×横195mmのフリーサイズ。上記A社B社の商品と比べると、縦が2センチ短い代わりに横が1.5センチ長くなっています。微妙な差ですが、指を広げたときに1.5センチ分広げやすくゆったり感が出せるのではないでしょうか。18枚入りが100円。1枚あたり5.5円。100均の商品は割高なイメージがあるのですが、この手袋型ゴミ袋では一番のコスパの良さでした。これなら遠慮なくどんどん使えますね。

現在は100均ではダイソーのみが取り扱っているようです。ですが、通販会社で別商品の取り扱いがありますので、他の100均でも取り扱っていただけることを期待します。