100均便利お掃除グッズ徹底比較 マイクロファイバーミトン編

100均便利お掃除グッズ徹底比較 マイクロファイバーミトン編

気が向いたときに気楽な掃除 使い勝手の良さがポイント

掃除用ミトン。手にはめて気になるところをなでるだけの気楽さがポイントです。小さなものなので収納場所の確保も不要ですし、特に100均で販売されているものはデザインがかわいいものが多いので、置いておいても楽しめます。ハンディータイプやフローリングワイパーと比べてのメリットは、中に手が入れられるので本当に細かいところまでしっかり綺麗にできるところです。デメリットは広範囲の掃除には向いていないところでしょうか。

今回徹底比較したいのは、マイクロファイバーのミトンです。マイクロファイバーの細かい繊維が乾いた状態でも埃をしっかり絡め取るので水濡れ厳禁の精密機器でも気軽に掃除することができますが、濡らして汚れをしっかり拭き取ることもできます。ミトン型は一番効率良く力を伝えられるので予想以上に綺麗になりますよ。

ここでまず、ホームセンターやドラッグストアなどで購入したミトンと比べてみましょう。汚れ落ちはほとんど変わりません。違うところといえば発売元。ホームセンターやドラッグストアで売られているミトンは有名洗剤メーカーから発売されているものが多いですね。有名メーカーの商品ですからブランドへの信頼感はもちろん100均の商品より高いのですが、正直利便性や機能性は差がありません。あとは個人の好みの問題ではないでしょうか。

マイクロファイバーミトンを比べてみました

まずはダイソーのマイクロファイバーミトンです。はりねずみの針がちょうど良い感じで汚れにフィット。汚れ落ちは当然申し分ないのですがとにかくかわいい。ちなみに他の動物のバージョンもあるようです。残念なのは少し小さめなところで、手が大きめな方は少しはみ出ると思います。次におそうじグローブモップ。そして表面の凹凸の大きさが大きいものと小さいものがあるマイクロファイバーダスター。これはマイクロファイバーミトンに比べると大きめに作られています。部屋にかわいく置いておけるのがマイクロファイバーミトン、全面拭き掃除できるのがおそうじグローブモップとマイクロファイバーダスター。各100円税別です。

次にキャンドゥのマイクロファイバーお掃除手袋。(100円税別)その名の通り手袋なので、指が入る隙間であればどんなところでも自在に拭き掃除できます。マイクロファイバーでできた軍手といったところでしょうか。この商品を使ってぜひ一度やって欲しいのがブラインド掃除。このマイクロファイバーお掃除手袋を濡らして、指でブラインドを挟んで拭くだけです。ブラインド掃除って案外危険なんですよね。でもこれなら安全に綺麗にできます。更にトイレやお風呂の窓によく使われているルーバー窓の掃除もすごく簡単にできますよ。

最後にセリアで取り扱っている商品です。まず吸着グローブモップ。見た目はダイソーのおそうじグローブモップとほぼ同じです。そして今度はキャンドゥのマイクロファイバーお掃除手袋とほぼ同じ性能、そして今回のテーマであるマイクロファイバーミトンの商品の中でダントツにおすすめなのがこちら、マイクロファイバーお掃除手袋です。キャンドゥの商品と名前も使い方も同じなんですが、決定的に違うのが、手首のゴム部分。セリアのマイクロファイバーお掃除手袋の方が長いので、手が汚れにくいのが特徴です。同じ名前なので紛らわしいのですが、購入するなら私はセリアのマイクロファイバーお掃除手袋をおすすめします。

100均のマイクロファイバーミトン、類似商品が本当に多いです。用途や好みに合わせてお好きなものをお選びください。