100均便利お掃除グッズ徹底比較 クエン酸編

100均便利お掃除グッズ徹底比較 クエン酸編

クエン酸で掃除!?使用方法や効果は?

一番大事なことなので最初に書きます。クエン酸は酸性です。塩素系の洗剤と混ぜると有毒ガスを発生させます。取り扱いには十分注意してください。100均ではカビ取りスプレーなどが塩素系です。

クエン酸と聞くと何を思い浮かべますか?私はすっぱいイメージと疲労回復という言葉が思い浮かびました。クエン酸は食品の酸味のもとであり酸性の性質を持っています。酸性にはアルカリ性を中和させる働きがありますね。なのでクエン酸にはアルカリ性の汚れを中和させることで浮かして落としやすくする働きがあるんです。アルカリ性の汚れというと代表的なものがシンクなど水周りのカルキの汚れ、お風呂の鏡などにつきやすい石鹸汚れ、トイレの黄ばみなどがあります。

掃除用のクエン酸は100均では重曹やセスキ炭酸ソーダと同じ棚などで販売されていることが多いと思いますが、重曹やセスキ炭酸ソーダはアルカリ性。クエン酸は酸性。なので落ちやすい汚れの種類が変わってきます。汚れの種類に合わせて洗剤を購入することで効率的に汚れを落とすことが可能になりますのでクエン酸を購入する際は合わせて重曹なども購入すると便利ですよ。

重曹やセスキ炭酸ソーダのように水と混ぜて使いましょう。割合は水100mlに対してクエン酸が2.5gから10g、小さじ半分から2杯です。汚れがひどい場合はクエン酸の量を増やすといいでしょう。

お風呂の汚れは水アカを中心にクエン酸でよく落とすことができますが、大理石にはクエン酸は使えません。表面が溶けてしまいます。ご注意ください。また、酸性なので目に入ると強い痛みがあります。この場合は水で洗い流しましょう。心配な場合は医療機関を受診してください。

クエン酸を比べてみました

まずはダイソー。ナチュラルの家事を応援というシリーズで350gの重曹、220gのセスキ炭酸ソーダと共に200gのクエン酸が販売されています。また違うシリーズでお掃除用クエン酸200g入りもありました。重曹だけはいろんな内容量の物があったのですが、セスキ炭酸ソーダとクエン酸は販売元が違っても内容量が同じなんですね。不思議です。すべて100円税別となっています。

次にセリア、キャンドゥ、ワッツ。それぞれクエン酸物語という同じ商品を取り扱っています。こちらも重曹物語、セスキ炭酸ソーダ物語、クエン酸物語と同じシリーズでの取り扱いです。ダイソーの粉末洗剤のシリーズが同じようなパッケージデザインになっているのに対し、このシリーズはそれぞれ色分けされているので分かりやすいですね。100円税別

重曹は、粉末タイプと水溶液タイプが販売されているのですが、クエン酸はセスキ炭酸ソーダと同じく、粉末タイプのみの販売ですので合わせてスプレーボトルの購入をお勧めします。

ダイソーではクエン酸の水溶液は販売されてないのですが、激落ちくんシリーズからクエン酸メラミンスポンジという商品が販売されています。6分割になっていますので1個ずつ使いましょう。特に蛇口などの汚れに抜群の効果があります。メラミンスポンジ自体が水アカ落としには最適なので、クエン酸と合わせるとより高い効果が期待できそうですね。皆さんもいろんな洗剤を使って効果的に掃除をしましょう。