100均便利お掃除グッズ徹底比較 風呂フタブラシ編

100均便利お掃除グッズ徹底比較 風呂フタブラシ編

もどかしい!面倒くさい!そんなお風呂のフタに

お風呂のフタの掃除って、本当に面倒だと思いませんか?細い溝が無数にあるのでちょっと掃除を怠ると、水垢汚れやカビの温床となってしまいます。一度汚れてしまったらもちろん綺麗に掃除するわけですが、この無数の溝が邪魔をして一気に擦り洗いができないので少しずつ少しずつ丁寧に洗っていくことを余儀なくされます。我が家ではカビ対策の一環として、お風呂場の換気はかなり気を使っています。使わない間のお風呂のフタは必ず立てて置くようにもしていますし広げて乾燥もさせています。それなのに日々汚れていくお風呂のフタ。汚さない努力やカビを生やさない工夫など日々の徹底した管理で防ぐことができるのか。それとも汚れてしまうこと前提で、効果的な掃除道具を用意するほうが良いのか。気になるところです。

そこで我が家で使用しているアイデアグッズをご紹介したいのですが、本当にこれ使ってみてください。胸を張ってお勧めしたいのがダイソーの風呂フタみぞブラシです。お風呂のフタの形と同じように、長い毛束と短い毛束が交互に並んでいます。形を見ただけで絶対に便利だと感じることができると思いますが、使ってみるとそのありがたさが本当に身にしみて、今までお風呂のフタ掃除に費やした時間がどれだけ不毛だったかと感じます。とにかく早く綺麗にすることができますので、お風呂のフタ掃除が面倒だと一度でも思った事がある方はぜひ一度購入してみてください。

風呂フタブラシを比べてみました

まずはダイソーから。先ほどご紹介した風呂フタみぞブラシです。4列一気に洗うことができて大変便利。本当に一度使うと手放せなくなります。カラーライフのシリーズのお風呂のフタお掃除ブラシ。ただし残念ながらこれは3列しか一気に洗うことができません。強くゴシゴシ洗いしたい方にはちょうど良いのでしょうか。私はどちらかといえば速さを求めるので今使っている方をお勧めします。その他にも風呂のふた用ブラシという壁などにひっかけられるタイプの物もあります。こちらも3列洗えるタイプですね。各100円税別。

次にキャンドゥ。今回自信を持ってダイソーの風呂フタみぞブラシをご紹介した訳ですが、これを上回る商品を見つけてしまいました。溝を一気に5列お掃除風呂フタブラシです。単純に考えても一回に洗える溝の量が多い方が早く掃除が進みますよね。この商品は今まで存在を知りませんでした。ただし、一度に洗える溝の量が多いほど力は分散されると思うので、かなり汚れたお風呂のフタやしっかり力を入れて磨きたい方はカラーライフのシリーズのお風呂のフタお掃除ブラシなど、一度に洗える溝の量が少ないタイプを選んだ方がいいのかもしれません。この辺は好みで選ぶと良いのではないでしょうか。各100円税別。

そしてセリア。残念ながら今回お風呂のフタを洗うための専用ブラシを見つけることはできなかったのですが、細かいところにしっかり届くVカットブラシというブラシを見つけました。ブラシの毛が山切りになっていて普段なかなかブラシの毛が届きにくいところにしっかり毛が届き綺麗に磨くことができるという物です。一気に洗うことはできませんが、かなり丁寧な仕上がりが期待できそうです。100円税別。

誰もが気になるお風呂のフタの汚れ。ちなみにクルクルと巻いて立てる派が一番多いようですが、広げたまま立てるのが一番カビなどが発生しにくいようです。お試しください。