100均便利お掃除グッズ徹底比較 パソコン掃除編

100均便利お掃除グッズ徹底比較 パソコン掃除編

静電気がホコリを呼ぶ!

気になりはじめると止まらないキーボードのホコリや画面のホコリ。みなさんはどうやって掃除していますか?精密機械ですので水洗いすることもできず、たまったホコリをひたすら拭き取るのみ。キーボードのホコリ取り。私のように暇つぶしで行うタイプもいるのでしょうが、大半の人はサッと除去したいようですね。

一見無害なホコリですが、内部に入ってしまうと音がうるさくなるなど故障の原因になることも。素人ではなかなかパソコンを分解して掃除することはできませんので、日々のこまめなホコリ取りが大事になります。基本は目に見えるところのホコリ取りです!

パソコン掃除グッズを比べてみました

まずはダイソーから。ブロワーという商品です。ブロワーとは空気に圧力をかけて押し出す物のことです。もちろんこの商品の性能そのもの。強めの風がしっかりホコリを吹き飛ばしてくれます。これは良い買い物ができました。次にしっかりパソコン、カメラ用エアブラシ。ブロワーの空気の吹き出し口がブラシになっているという一石二鳥アイテムです。これはすごい!と思って実際に使ってみたところ、ブラシは固さもちょうど良くホコリをしっかり取り出してくれましたが問題はブロワー。これが期待ほど風を感じません。割と評判が良い商品だったので、不良品かと思ったのですが、どうやら同じような感想を持つ人もいるようです。安心しました。風がいくら出ても、ブラシの毛の間から横に向かって空気が漏れているような印象を受けました。もったいないですね。ブロワーとブラシは別で購入した方が良さそうです。ブラシの毛足が長いのがアダになってしまいました。そしてほうき型ミニ静電気クリーナーです。静電気を利用してホコリを取るブラシで毛の1本1本が細いので気持ちが良いです。毛が細く柔らかいのですが、静電気を使うということなので期待しての使用でしたが、個人的な意見としてはブロワーや毛が固いブラシの方がホコリが取れた印象を受けました。各100円税別です。

次にセリア。さすがセリアと感心するほどおしゃれなホコリ取りブラシを見つけました。パソコンブラシホコリ取りです。毛の部分がスライド式になっていて使わないときは中に収納することができます。次に吸着ふわふわハンディダスター。マイクロファイバー製なので乾いている状態でのホコリの吸着率は保証つきです。ハンディモップ型なのでブラシ型と違い広範囲を一気に掃除することができます。これならパソコンを使用した後でホコリ取りをすることを日課にできそうですね。最後に液晶画面用クリーナー10枚入りです。パソコンの画面はもちろんスマホの液晶などについたホコリも綺麗に取ることができます。各100円税別。

そしてキャンドゥ。まずはポリピカクロスミニをご紹介します。水気の苦手な電化製品の乾拭きに最適です。この商品には大判サイズもあります。またポップモップハンディガォー(ライオン)ポップモップハンディピョン(うさぎ)ポップモップハンディケロロ(カエル)というハンディモップもありますので、パソコンの使用後のホコリ取りを日課にするといいと思います。各100円税別。

使ってみて一番良かったのはダイソーのブロワーですが、ハンディモップなどと併用することでもっと綺麗な状態を維持できると思います。日々のこまめなケアを忘れずにいたいですね。