100均便利お掃除グッズ徹底比較 サビ取り編

100均便利お掃除グッズ徹底比較 サビ取り編

サビが消えるだけで新しくなった印象に!

金属にいつの間にか付いてしまったサビ。自転車の荷台やハンドル、家の郵便受けなどサビがついていると古く、手入れがされていないような印象を人に与えてしまいます。

サビの原因は酸素と水分。どちらも私たちが生きていくためには欠かせないうえ、とても身近にあるものです。そしてサビは金属が自然に還る過程で起こる自然現象なので仕方がないこと。でもなるべくなら錆びて欲しくないですよね。それでも錆びてしまったときは100均でも購入可能なサビ取りクリームなどを使って、サビが広がってしまう前にしっかりサビ取りをしましょう。

サビ取りグッズはホームセンターでも100均でも購入可能です。最初に100均のサビ取りクリームを使用してしまうと、多分「サビが簡単に落ちない」とか「サビ取りに時間がかかる」という印象を受ける方が多いと思います。ですがサビ取りは元々時間もかかりますし大変なこと。100均のサビ取りクリームなどの性能が悪いのではないということをまず頭に入れておいてください。ホームセンターで購入するサビ取りクリームも、使用感はほぼ同じです。

ですが決定的な違いは、ホームセンターのサビ取りは酸化防止剤が含まれていることが多いのですが、100均のサビ取りは含まれていないことが多いことです。酸化防止剤が含まれていないとせっかくサビ取りをしてもすぐにまたサビてしまいます。100均のサビ取りを購入するときはサビ止めも合わせて購入するようにしてください。

サビ取りグッズを比べてみました

まずはダイソー。まずはクリーム状(金属用)サビ落とし25gチューブ入りです。気になるところにクリームを出して、ワイヤーブラシでしっかり擦ってください。金属のタワシなどでも良いと思いますが、ワイヤーブラシの方が疲れにくい印象があります。もちろんワイヤーブラシも100均で購入可能です。そして自転車用サビ取り20gの物。これも使い方は同じです。サビがひどいときはクリームを塗ってしばらく放置しておくといいと思います。次にサビ取り消しゴム粗めと細めのセットです。正直この商品には期待はしていませんでした。消しゴムのようにゴシゴシ擦るだけでサビが落ちるなんて考えられませんよね。ところが実際使ってみると、案外落ちます。消しゴムで消すというより固いヤスリのようなものでサビを削り落としているような感覚です。最後にサビ落とし。これはなぜかサラッとしています。クリームに比べると効果が少なかったようにも感じましたが、はっきりとした優劣ができるほどの差ではないと思います。各100円税別。

次にセリア。最初は金属の潤滑サビ防止スプレーです。サビ取りクリームと合わせて購入することをお勧めします。今回セリアではサビ取りクリームなどを見つけることができませんでした。なので取り扱い商品名は分かりませんでした。ただしサビ取りクリームは100均の定番商品ですので、たまたまのことだったと思っています。100円税別。

そしてキャンドゥ。気になる部分汚れを集中攻撃!!頑固な汚れ落とし、汚れ消すぞー。中には25mm×60mm×8mmの薄いゴムが入っています。このゴムには研磨剤が含まれていてサビや黒ずみなどを削り取ってくれます。そしてサビ落としクリーム20g。こちらも他のサビ取りクリームと同じように使用してください。各100円税別。

サビがひどくて捨ててしまおうかと悩んでいたような物でも、しっかり磨けばちゃんと綺麗になります。状態によっては完全に元には戻らない可能性もありますが、磨けばちゃんと綺麗になります。ぜひお試しください。