家事えもんの時短掃除 換気扇・カビ・鏡や蛇口磨き・トイレ

家事えもんの時短掃除 換気扇・カビ・鏡や蛇口磨き・トイレ

家事えもんと言えば時短掃除

家事えもんさんこと松橋周太呂さんと言えば『人生の「掃除の時間」をグッと縮めるすごい家事』の著者でもあります。掃除や料理の達人として次にブレイクしそうな方ですがご存知ですか?時短は家事をする人にとっては永遠のテーマ。今日は家事えもんさんの掃除方法をご紹介します。効率の良い手抜き掃除を学んでください。

家事えもん流 家中の掃除方法

まず重曹水、セスキ炭酸ソーダ水、クエン酸水の分量です。重曹水は水200ccに対して重曹10g(小さじ2)、セスキ炭酸ソーダ水は水100ccに対してセスキ炭酸ソーダ0.5g~1g、クエン酸水は水100ccに対してクエン酸2.5g~10g(小さじ半分~2)を目安にしてください。

換気扇の掃除は、シンクに大きなゴミ袋を広げて、中にお湯を入れて重曹水を作ります。次に換気扇の部品を取り外して重曹水につけます。2時間ほど放置した後でゴミ袋の端を切って水切りしましょう。水分と汚れを十分に取ったら元に戻してください。

タイルの目地のカビには塩素系漂白剤と片栗粉とラップを使います。まず始めに塩素系漂白剤と片栗粉を同じ分量混ぜます。そしてカビに塗り、漂白剤が乾かないようにその上からラップを貼りましょう。20分放置した後でラップを取って洗い流してください。

シリコン目地のカビは3つに切ったキッチンペーパーと塩素系漂白剤とラップを使います。まずキッチンペーパーをこよりにして塩素系漂白剤に浸します。そしてシリコン目地のカビに貼り付けてください。その上からラップを貼って20分放置します。こちらも最後はラップを取ってしっかり洗い流しましょう。

天井のカビは、漂白剤が垂れて目に入ったりする可能性もあり危険なんですが、ここで用意したいのはフローリングワイパーとキッチンペーパー、塩素系漂白剤です。フローリングワイパーにキッチンペーパーをセットします。キッチンペーパーに塩素系漂白剤をスプレーしそのまま天井を拭いていきましょう。これなら漂白剤が目に垂れることなく安全にカビ取りができますね。

鏡の汚れにはクエン酸水とラップを使います。鏡全体にクエン酸水をスプレーしてその上からラップを貼り付けます。そのまま1時間ほど放置しましょう。その後、剥がしたラップにクエン酸をつけて5分ほど鏡を研磨してください。終わったらシャワーで洗い流しましょう。

蛇口の根元の水垢は、プラスチックのカードと重曹で落とすことができます。まず始めにカードを斜めに2つに切りましょう。蛇口の根元に重曹を大さじ1ほど撒き、微量の水をたらします。(重曹の飛び散りを防ぐためです)斜めに半分に切ったカードの断面で力を込めて水垢部分を擦り洗いします。蛇口のくすみはクエン酸水をスプレーしラップを上から貼って1時間放置してください。1時間後、ラップを剥がしてクエン酸を蛇口に撒き、ストッキングで磨きましょう。最後は水で洗い流してください。

便器の黄ばみには、まずクエン酸水をスプレーします。その後、その上から重曹をふりかけましょう。勢いよく発泡し汚れを落としてくれます。トイレの壁や床の汚れの原因は尿の飛び散りです。始めにクエン酸水とめがね拭きを用意します。めがね拭きをクエン酸水で濡らして壁や床を拭きましょう。尿汚れを綺麗に落とします。めがね拭きは柔らかいので壁紙を痛める可能性が少ないのも嬉しいですね。サニタリーボックスやトイレブラシボックスも同様にクエン酸水とめがね拭きで綺麗に拭きましょう。

コツさえ掴めば誰でも簡単に汚れを落とせるのが家事えもん流だと思います。皆さんも家庭でお試しください。