風水で観葉植物のお手入れは運気を上げてくれる

風水で観葉植物のお手入れは運気を上げてくれる

風水で観葉植物は万能アイテム!

観葉植物は、風水の中ではどこにおいても運気が上がると言われています。そのため、万能アイテムとしてかなり重宝します。
基本的に風水だと、水回りには良いけれど、他のところには向かず、その場所限定のアイテムだったり、方向を気にして置かないといけないアイテムが多くなります。その中で、観葉植物はどこに置いても効果的なのです。例えば引っ越してしまい、方角や置き場所が変わってしまう場合があると思いますが、それにも対応できるためとても使いやすいのです。
ただし、やはり万能アイテムと言っても枯れていたりすれば悪い運気を連れてきてしまうので、お手入れはきちんと行ってください。上手く取り入れて、家の全体運を上げて良い運気を取り入れましょう。

観葉植物を選ぶ際の注意事項

・選ばない方が良い観葉植物
観葉植物ならば基本的にどこへ置いても何を置いても運気を上げやすくしますが、トゲのある観葉植物は運気自体を入れないような効果が出てしまうので、運気の流れを止めてしまいます。
そのため、サボテンを置く場合はトゲのないものを選ぶようにしましょう。
また、葉がツンツンとしている観葉植物は悪くないのですが場所を選ぶので、飾る場所に迷っている方や、色々とレイアウトを変えるのが好きな方は丸みをおびた葉の観葉植物がおすすめです。

・フェイクグリーンは考え方次第
人工で造られた観葉植物をフェイクグリーンと言いますが、これは人それぞれ考え方が違います。どちらかといえば、やはり生きている植物の方がエネルギーがあり良いのですが、なかなかお世話することが難しい場合もあります。
その場合はフェイクグリーンでももちろん良いのですが、運気を呼び込む力は弱くなります。
どちらにしても、お手入れをきちんとしなければ運気は悪くなってしまいます。生きている観葉植物でも、フェイクグリーでも、お手入れは怠らないようにしましょう。

・植木鉢はプラスチックNG
植木鉢がプラスチックだと、運気が上がりにくくなるのと、水回りにおすすめ出来なくなってしまいます。せっかく観葉植物が運気を上げてくれるのに、植木鉢のせいで運気が上がらないのはもったいないので、自然素材のもの、陶器の鉢を使うと可愛いでしょう。
どうしてもプラスチックの植木鉢になってしまう場合は、編まれているカゴカバーなどで隠して使用してください。

観葉植物のお手入れポイント

基本的には葉を一つ一つ乾拭きしてあげる方法がおすすめです。拭くというよりは撫でるに近いでしょう。リーフブラシというものもあるので、気になる方はそれも試してみてください。
また、季節によって観葉植物のお手入れ方法は変わります。
夏場など暖かい時期は、優しくシャワーをかけてあげたり、梅雨時期には雨水を当ててあげると、観葉植物にとってリフレッシュになります。寒い時期は、水をかけると冷たいので水拭きをおすすめします。
ただし、観葉植物によってお手入れの細かい方法や水の量が変わるので、購入するときにお店の人に聞いておくことが大切です。また、お風呂に置いておくと湿気でカビが生える可能性もあるので、お風呂の換気はしっかりと行いましょう。