風水で美容運アップのために化粧品や周りを綺麗に

風水で美容運アップのために化粧品や周りを綺麗に

化粧品は美容運に直結

化粧品は、自分の顔に直接使うものです。風水でも美容運を左右するものと考えられているので、特に女性には必見のものになります。
化粧品の入れ物や、化粧品の汚れなど、放っておいてはいませんか?その行動一つが、美容運を損なう行動かもしれません。今回は、運気を上げるためにどうすればいいか、また、化粧品で汚れてしまった場合どうお掃除すればいいかをご紹介します。難しいことはないので、出来る範囲から、清潔な場所で、新鮮な化粧品を使って美容運を向上させましょう。

運気を上げるポイント

・古くなった化粧品は捨てる
美容面を考えても、古くなった化粧品は酸化しているため、肌へ逆に負担をかけてしまいます。美容運も下げてしまいますし、実際に負担もかかってしまうので、ここは思い切って処分してください。もったいないから、いつか使うからと何年も捨てずにとっておいている化粧品も、悪い運気を呼び込んでしまうので注意しましょう。

・化粧ボックスはプラスチックを避ける
お化粧品のボックスを、プラスチック容器でまとめてはいませんか?プラスチック容器は、風水であまり良いものとしていません。特に、水周りとの相性が悪いので、例えば化粧水や乳液などを洗面台などに置いている場合は容器はプラスチック以外にしましょう。100円均一ショップでも、可愛いかごなど販売しているので、そういったのもおすすめです。

・お化粧を洗面所で行わない
洗面所も美容運に関係しているところで、化粧水や乳液などの肌のお手入れなら良いのですが、お化粧は洗面所以外で行うことをおすすめしています。
ここでの化粧は、お互いのパワーがぶつかり合い、結果効果のないものになってしまいます。お互いの美容運を最大限に引き出すのなら、お化粧は別の部屋で行いましょう。

風水で見る化粧品周りのお掃除ポイントは?

・洋服についたファンデーション
すぐに汚れを落とすのではなく、洗剤など使用するときは一度目立たない場所で試してから行ってください。生地によっては色落ちしてしまう可能性もあるので注意しましょう。また、生地によっては汚れが落ちきらずに汚れが目立ってしまうものもあるので、本当に大切な洋服ならばプロにお願いしてください。
軽い汚れだった場合は、乾いているスポンジで叩いて落とします。化粧用のスポンジではなく、キッチンで使うようなスポンジです。それでも落ちない場合は、さらにクレンジングオイルを使ってください。ただし、クレンジングオイルも油なので、それでシミになってしまう場合もあるので注意しましょう。クレンジングオイルでダメだった場合は、キッチン用の洗剤を使ってみましょう。歯ブラシで軽くトントンと叩いて落としましょう。

・化粧水や乳液をこぼした場合
お肌のお手入れ中に容器を倒してしまうことはよくあることです。
カーペットにこぼしてしまった場合は、こぼしたものの上に乾いたタオルを置いてトントンと叩き、まずは吸い取ります。大体取れたところで、水に浸し、固く絞ったタオルで優しく拭きます。ここでびしゃびしゃのタオルで拭くと、乾くのに時間がかかり余計シミを作ってしまう可能性があります。
最後は、しっかりと乾燥させたらお掃除完了です。

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA