ハウスクリーニングの費用を安く抑えるコツは

ハウスクリーニングの費用を安く抑えるコツは

ハウスクリーニングは普段の掃除ではやり切れないところや、素人では掃除をすることが難しいエアコンや換気扇などを徹底的にきれいにしてもらうために依頼することが多いです。自分で行う掃除とは比べ物にならないほど、ハウスクリーニングの仕上がりはとてもきれいで驚いたという人も少なくありません。しかし業者に依頼するとなると気になるのはその費用です。なるべくならハウスクリーニングの費用を安く抑えたいと思う人がほとんどではないでしょうか。そこで今回は、ハウスクリーニングの費用をなるべく安く抑えるコツについて紹介します。

ハウスクリーニングの費用の目安

ハウスクリーニングは、掃除をしてもらう場所やものによって値段はそれぞれ異なります。引っ越しなどで空いた部屋を掃除する費用は、広さによって費用が変わりますがワンルームで15000円からというのが目安のようです。部分的に掃除を依頼する場合、エアコンなら12000円ほど、トイレは10000円、浴室やキッチンは16000円前後、床のワックスかけは10000円前後というような形です。浴室やキッチンは頑固な汚れが付きやすく、汚れ具合や広さ、作業をする手間などによって値段が大きく前後することもあります。また、依頼するハウスクリーニング業者によっても費用はまちまちですので、依頼する前に費用のチェックは必須です。

まとめて依頼したほうが費用が割安

床のワックスかけやキッチン、浴室はハウスクリーニングの人気の場所ですが、これを個別にそれぞれ依頼すると40000円以上掛かってしまう計算になります。1か所だけなら費用はさほど掛かりませんが、数か所となると一気にまとめて依頼したほうがお得になることが多いです。業者によってはお部屋をまるごときれいにしてくれるプランや、水回りプランや換気扇やエアコンがセットになったプランなどがあります。今どの場所の掃除を必要としているのかをある程度まとめておき、ライフスタイルに合ったプランで申し込むことでハウスクリーニングの費用を抑えることが可能です。いろいろな場所をまとめて依頼することは確かにお得ではありますが、お得だからといって予算を大きく出ないようにすることも大切です。ハウスクリーニングを依頼する場所と予算を明確にしておくことをおすすめします。

ハウスクリーニングは12月や3月の繁忙期は避けよう

ハウスクリーニングにも繁忙期と閑散期があります。年末の大掃除の時期と引っ越しシーズンの3月は、ハウスクリーニングの予約があっという間に埋まってしまいます。特に人気のハウスクリーニング業者は早めに予約をしないと希望の日程で予約することは難しいでしょう。繁忙期は予約が取りにくいというだけでなく、普段よりも割高な値段設定になっているケースも珍しくありません。反対に閑散期は繁忙期よりも価格が低めに設定されていることも多いです。繁忙期から時期が離れていればいるほど閑散期と言われていて、お盆明けの8月末から9月いっぱい、引っ越しシーズンが終わった4月末から5月ごろは繁忙期と言われています。ただし、エアコンを使う直前の6月末や10月ごろはエアコンクリーニングの費用が高くなることもあるので、場所別に費用をチェックしておくといいでしょう。