引っ越し時のハウスクリーニングの相場を知っておこう

引っ越し時のハウスクリーニングの相場を知っておこう

引っ越しをするときに気になることと言えば、「借主がハウスクリーニングをする必要があるのか」ということです。引っ越し時には原状回復をして退去することが基本とされていますが、「引っ越しでハウスクリーニングを依頼するのはちょっと・・・」と思っている人が多いのではないでしょうか。実際借主と貸主との間でハウスクリーニングをめぐるトラブルは多く発生しています。これから引っ越しを検討している人は、ハウスクリーニングの相場を知っておくといいでしょう。

引っ越し時のハウスクリーニングの相場

マンションやアパートの場合、一人暮らしだとワンルームから2LDKほどの広さであることが多いです。ハウスクリーニングを依頼する場合、お部屋の広さによって相場は大きく変わってきますが、ワンルームの場合2万円から3万円、2LDKで3万円から7万円が目安となります。3LDK以上の広いお部屋の場合は5万円からが相場と言われています。価格の目安に数万円の開きがあるのは、汚れ具合やどの範囲までお掃除をするかによって価格が変わってくるからです。個人でハウスクリーニングを依頼する場合、2万円から7万円ほどの費用が掛かると考えておくといいでしょう。

ハウスクリーニング費が2万円ほどなら妥当

引っ越し時にハウスクリーニング代金として敷金から引かれていた、ということもよくある話です。先に紹介したように、請求されたハウスクリーニング代金が2万円から3万円ほどであれば、相場とほぼ同等なので請求金額としては妥当と言えますが、3万円を超える請求があった場合はきちんと内訳を確認しておくことをおすすめします。基本的には経年劣化や通常の使用での汚れに関しての修繕や清掃費用は貸主が負担することになっていますが、貸主が「この汚れは故意である」と判断した場合には修繕費が別途請求されていることがあるため、内訳の確認は必須です。

ハウスクリーニング代を抑えるためにできること

引っ越し時のハウスクリーニング代をなるべく安く抑えるためには、普段からのこまめな清掃がカギとなります。引っ越し時のハウスクリーニングの定義としては、「故意や過失のない状態の部屋の掃除をすること」とされているため、掃除する箇所が少なければ費用が安く済むケースがほとんどです。特にトイレや浴室、キッチンは汚れが付きやすい場所です。汚れがこびりついてしまう前に、普段からこまめに掃除をしておくことで簡単な掃除でもきれいに保つことができます。これを心がけるだけで引っ越し時に誰が見てもきれいな状態に戻すことが簡単になります。

入居時にハウスクリーニングについて確認しよう

実は引っ越し時のハウスクリーニングの費用は、借主が負担する必要がないということが国土交通省のガイドラインでも記載されています。それでも引っ越し時にハウスクリーニング代を請求されるケースがありますが、これは入居時に借主が負担することが契約書に記載されていることが理由です。引っ越し時にハウスクリーニング費用が必要なのかどうかを契約時にきちんと確認しておくことも大切です。相場以上のハウスクリーニング代金を請求された場合は、国土交通省のガイドラインを盾に折半などを提案してみてはいかがでしょうか。