賃貸のハウスクリーニング費用の負担は必要か

賃貸のハウスクリーニング費用の負担は必要か

賃貸のマンションやアパートを引き払う時に、退去費用としてハウスクリーニング費用を請求されることがあります。敷金からハウスクリーニング費用が引かれて戻ってくるというケースもありますが、本当に借主がハウスクリーニング費用を支払う必要があるのでしょうか。今回は賃貸のハウスクリーニング費用の負担が必要かどうかについて紹介します。

本来は貸主が負担するもの

国土交通省のガイドラインによると、「貸主は家賃という対価を得ている以上、借主に対して使用収益させる義務を負っており、貸主は使用収益させるための修繕義務を負っている」と記載されています。これは貸主は家賃をもらっている以上、普通に生活していてついてしまった汚れや経年劣化の修繕に関しては、貸主が費用を負担するということです。このガイドラインによると、借主は引っ越し時にきちんと掃除をして退去すれば、ハウスクリーニング費用を負担する必要はないということになります。しかし多くの賃貸では借主がハウスクリーニング費用を負担することが当たり前のようになっています。それはなぜなのでしょう。

契約書を確認してみよう

ハウスクリーニング費用が借主の負担になる場合の多くは、契約時にハウスクリーニングの特約があったからです。「そんな話は聞いていない」と思う人は、契約書を確認してみましょう。契約書のどこかに「借主は退去時にハウスクリーニング費用を全額負担する」などの記載はありませんか?このような内容の記載があった場合、借主は退去時にハウスクリーニング費用を負担することを理解しているということになり、ハウスクリーニング費用を負担しなければいけません。ハウスクリーニング費用を借主が負担しなければいけない場合、もうひとつ条件があります。それは専門の業者によるハウスクリーニングをしなければ修繕や回復することが難しい場合です。退去時にできる範囲の掃除をした旨を伝え、ハウスクリーニングは必要ないとはっきりと示すことで、ハウスクリーニング費用の負担が減るケースもあります。

ハウスクリーニング費用の負担は相場程度が妥当

賃貸マンションやアパートのハウスクリーニング費用の負担を納得した場合でも、どのくらいの費用が掛かるのかという点はきちんと確認しておくべきポイントです。実際に掛かった費用の全額を負担するのか、それとも半額や定額なのかを確認しておきましょう。賃貸マンションやアパートのハウスクリーニング費用の相場は、1平米1000円です。これは荷物がすべて運び出されて入居していない空室の状態であることが条件です。20平米のワンルームなどで2万円から3万円が目安となります。もしこの金額よりも高額なハウスクリーニング費用を請求された場合、相場額以上の費用を負担する必要はないとされています。ハウスクリーニング費用の内訳を確認し、どこにいくらくらい掛かっているのかもチェックします。汚れがひどい場合は高額のハウスクリーニング費用が請求されることもあるので、賃貸であることをしっかり認識し綺麗に使うように心がけることも大切です。またハウスクリーニング費用の相場を詳しく知りたい場合は、個人的にハウスクリーニング業者に見積もりをしてもらうといいでしょう。