ハウスクリーニング技能士の資格を取得する3つのメリット

ハウスクリーニング技能士の資格を取得する3つのメリット

ハウスクリーニングを利用する人が増えています。共働き世帯が増えたことや忙しい一人暮らしの人が増えたことがハウスクリーニングの需要が高まった理由です。ハウスクリーニングの需要が高まると同時に、ハウスクリーニング業者の数も増え、利用者は様々な業者から選ぶことができるようになりました。そこで注目されているのが「ハウスクリーニング技能士」という資格です。ハウスクリーニング技能士とはどのような資格なのか、またハウスクリーニング技能士の資格を取得する3つのメリットについて紹介します。

ハウスクリーニング技能士ってどんな資格

ハウスクリーニング技能士とは、公益社団法人ハウスクリーニング協会が実施している国家資格のひとつです。平成24年に厚生労働省から認められた、まだ歴史の浅い国家資格ではありますが、ここ数年のハウスクリーニングの需要が高まったことにより、注目度が上がっている資格です。ハウスクリーニング技能士は単一等級の資格で、建築士のように1級や2級といった等級がありません。そのため試験に合格すれば、「ハウスクリーニング技能士」として働くことができます。試験は学科と実技が実施され、学科では全50問のうち60%の正解率で合格、実技は7つの課題すべてで60%以上の得点を獲得することで合格となります。学科と実技の両方合格して初めて資格取得となります。ハウスクリーニング技能士の受験基準は、ハウスクリーニング業で3年以上の実務経験が必要なので、働きながら取得できる資格としても注目されています。

起業するときに有利

ハウスクリーニング業を開業するとき、特に資格は必要ないため誰でも比較的簡単に開業することができる職種です。比較的簡単に開業できるということは、競合店も多いということになり、行号相手から一歩抜きんでるためハウスクリーニング技能士の資格が有効となります。ハウスクリーニング技能士の資格を持ったスタッフが作業をするお店と、何の資格も持っていないスタッフが作業をするお店では、多くの人が資格を持っているスタッフが働いているお店を選ぶのではないでしょうか。インターネットが普及した今、利用者は口コミやお店の情報などを簡単にチェックすることができる時代です。お客様から選ばれるお店にするためには、ハウスクリーニング技能士という資格は大きなメリットとなります。

アドバイザーとしても役立つ

ハウスクリーニングを利用する立場から言うと、ただ綺麗にしてもらうだけでなくこの綺麗な状態をなるべくキープしたいと考えるものです。そんな時にアドバイザーとして、きれいな状態をキープするためにやっておいたほうがいいことなどを伝えるのも、きちんと勉強してハウスクリーニング技能士の資格を取得したスタッフの強みとなります。ちょっとした掃除のポイントなども、ハウスクリーニング技能士の資格を取得した人から伝えられると信頼度や安心感が増し、今後の売り上げにもつながるのではないでしょうか。

自身のスキルアップに

ハウスクリーニング技能士の実技試験では、作業時間が設定されています。1つでも目標の時間をクリアできない課題があれば、実技試験は不合格となりハウスクリーニング技能士の資格を取得することはできません。いかにスピーディーに、そして丁寧に作業ができるかは、ハウスクリーニングにおいて重要なポイントとなります。ハウスクリーニング事業でスキルアップするために資格を取得する人も多く、自身のモチベーションアップにもつながります。