賃貸のハウスクリーニングの費用が高い!相場は?

賃貸のハウスクリーニングの費用が高い!相場は?

賃貸のマンションやアパートを退去するとき、ハウスクリーニング費用が請求されることがあります。多くの場合は敷金からハウスクリーニング費用を引いて請求され、残った敷金が返金されます。賃貸のハウスクリーニング費用が高すぎると感じる人は多く、本当に妥当な料金が請求されているのかわからない、という人も少なくありません。そこで今回は、賃貸マンションやアパートのハウスクリーニング費用の相場について紹介します。請求されたハウスクリーニング費用が正当かどうかを確認するための参考にしてみて下さいね。

賃貸のハウスクリーニング費用の相場

賃貸のハウスクリーニングは、部屋の広さによって相場が変わります。今回紹介するハウスクリーニング費用の相場は、引っ越し後部屋に何も入っていない空室の状態の時の相場となりますのでご注意ください。

ワンルームもしくは1LDK・・・2万円から35000円

1DKから2DK・・・3万円から7万円

2LDKから3DK・・・4万円から9万円

3LDKから4DL・・・5万円から10万円

4LDK以上・・・7万円から

部屋の広さはもちろんですが、汚れ具合によっては相場から大きくはみ出る可能性もあります。ハウスクリーニングの相場はあくまで目安です。請求された費用が相場内かどうかを確認してみてください。また、目安としては1平米1000円が賃貸マンションやアパートを退去するときの費用の目安と言われています。

賃貸のハウスクリーニングの内容

賃貸マンションやアパートのハウスクリーニングでは、どのような場所の掃除をしてくれるのでしょうか。退去時の一般的なハウスクリーニングでは、キッチン・浴室・トイレ全体のクリーニングと玄関周りの掃除、ガラス窓やサッシ・カーテンレール・照明の掃除、床のワックスかけが基本となります。ベランダがある場合はベランダの掃除も含まれ、住居スペースのほぼ全域を広くクリーニングします。普通に生活を送っていればハウスクリーニングでほとんどの汚れを落とすことができますが、普段の掃除を怠り原状回復が難しい場合は、ハウスクリーニング費用が追加されることも珍しくありません。

ハウスクリーニング費用が相場より多かったら

まれにハウスクリーニング費用が相場よりもかなり高額な費用を請求するケースがあります。ハウスクリーニングの相場を知らないと高額な費用を請求されても気が付かずに支払ってしまうこともあるかもしれません。請求されたハウスクリーニング費用が相場よりも多く10万円よりも少なかった場合は、請求内容の内訳を提示してもらい内容をきちんと把握する必要があります。本当にハウスクリーニング費用として請求されているのか、どの場所にどのくらいの費用が掛かっているのか納得したうえで支払うようにしましょう。もし請求されたハウスクリーニング費用が10万円を超えた場合、全額負担する必要はありません。負担する必要はないといっても貸主との交渉が必要になるわけですが、何にどのくらいの費用が掛かったのかをはっきりさせたうえで、どのくらい負担するのか交渉するといいでしょう。破損や汚れがひどい場合にはハウスクリーニング費用が高額であっても借主が負担する必要があります。