アパートのハウスクリーニングの値段を知りたい

アパートのハウスクリーニングの値段を知りたい

アパートを退去する際に、「ハウスクリーニング費用は入居者が負担」ということがよく聞かれます。ハウスクリーニング費用は高いイメージがあり、やや高めの請求がきたとしても疑うことなく支払ってしまう人も多いのではないでしょうか。アパートを退去する際に損をしないように、アパートのハウスクリーニングの値段の相場をきちんと知っておくことをおすすめします。そこで今回は、一般的なアパートのハウスクリーニングの値段について紹介します。

アパートのハウスクリーニングの値段は広さで変わる

アパートのハウスクリーニングの値段は、部屋の数や広さ、掃除する箇所の数によって変わります。部屋が狭ければ値段は安く済みますし、反対に広ければ値段は高くなります。ワンルームや1Kのアパートなら2万円から35000円程度が相場となります。1LDKや2DKなら3万円から5万円、2LDKから3DKなら4万円から7万円というように、部屋の数や広さが大きくなるにつれて値段は1万円から3万円ほど増えていきます。

アパート入居中のハウスクリーニングの値段は

上で紹介したハウスクリーニングの値段は、アパートを退去した後や入居する前の空室の状態での値段です。部屋に家財が何もない状態で、上記の値段となります。ハウスクリーニングは引っ越し時だけでなく、ここ数年年末の大掃除などでも利用する人が増えています。入居中のアパートのハウスクリーニングの値段は、空室の状態よりも1万円から3万円ほど高い値段が相場となります。部分的に掃除をしてもらいたいときは、1か所につき1万円から2万円が相場となります。エアコンやレンジフードは定期的にハウスクリーニングを依頼したい場所でもあります。アパートのエアコンやレンジフードは15000円ほどが相場です。

汚れがひどいとハウスクリーニングの値段は高くなる

上で紹介したアパートのハウスクリーニングの値段はあくまで相場で、実際は紹介した値段よりも安くなることも高くなることもあります。値段が高くなる時に考えられることは、汚れの程度が想定よりもひどいケースです。特にキッチンや浴室、トイレは汚れが付きやすく落としにくい場所で、普段の掃除を怠り汚れがこびりついてしまうと、入居時の状態に戻すまでに時間と手間がかかります。そういった場合、別料金でハウスクリーニング費用が請求されることも珍しくありません。

高額なアパートのハウスクリーニングを請求されたら

アパートを退去するときに、想定よりも高いハウスクリーニング費用を請求されることもまれにあります。国土交通省のガイドラインでは、アパートのハウスクリーニング費用は貸主が負担することとなっていますが、多くは契約時に「退去時には借主がハウスクリーニング費用を負担する」とされています。借主がハウスクリーニング費用を負担する場合、一般的なハウスクリーニング費用を負担するとされており、相場よりも高いハウスクリーニング費用の場合はすべてを負担する必要はありません。請求されたハウスクリーニングの値段が「ちょっとおかしいな、高すぎるな」と感じたら、請求の細かい内訳をきちんと提示してもらうようにしましょう。どこにどれだけの費用が掛かっているのかを明確にすることが大切です。