フローリングをハウスクリーニング業者に掃除してもらおう

フローリングをハウスクリーニング業者に掃除してもらおう

自宅のフローリング部分は、多くの人が移動する場所ですので、ハウスダストや皮脂による汚れが蓄積しています。それゆえ、いつものような軽い掃除ではきちんと汚れを落とすことができません。汚れが溜まっているフローリングをピカピカにしたいのであれば、掃除のサービスを提供しているハウスクリーニング業者に頼ることが重要です。

なぜフローリングが汚れるのか

フローリング部分には、皮脂の汚れやカビ、油汚れ、ワックスの経年劣化による汚れが染みついています。皮脂汚れは、裸足で歩くことに付着するのですが、小さな子供が走り回る家は特に気をつけなければいけません。カビは露が溜まりやすい場所や窓付近にできることが一般的です。カビが染みついてしまうと、黒くなってしまい、フローリング部分の見た目が悪くなってしまします。

油汚れは、調理をすることが多いキッチンの床部分にできやすい汚れです。揚げ物などをする際、床にはねてしまった油がそのまま染みついて、黒ずんだ汚れができてしまいます。また、フローリング部分に塗ったワックスは経年劣化するのが一般的です。ワックスを定期的に散布しなければ、ワックスの劣化が進んでしまい、床が黒ずんでしまいます。フローリングが汚れる原因はいくつかありますので、汚れが目立ってきたと思ったら専門のハウスクリーニング業者に掃除をしてもらいましょう。

フローリング清掃の流れ

ハウスクリーニング業者に掃除を代行してもらうことで、汚れが目立つフローリングをきれいにしてもらうことが可能です。フローリング部分の掃除はどのような流れで行われるのかを理解することが大切です。フローリングを掃除するためには、まず家具などを移動し、フローちんぐ掃除がしやすい環境を作らなければいけません。その後、フローリング部分の状態を確認し、状態に合わせた掃除が決定します。フローリングを清掃する時は、まず掃除機を使って目につきやすいほこりやゴミを取り除きます。

フローリングのゴミが無くなったら、洗剤を用いて頑固な汚れを除去していきます。洗剤による清掃が終了したら、ワックスをフローリングに塗って表面を美しくします。ワックスが乾くまで乾燥させ、最後に移動した家具を元に戻して掃除終了です。掃除にかかる時間は季節やその日の天候によって異なりますので、天気の悪い日は時間がかかるものだと思っておきましょう。

複数の業者に見積もりを出そう!

ハウスクリーニングサービスを利用して、フローリングをきれいにしたいと思っている人は多いのですが、利用する前にやるべきなのが、見積もりを出してもらうことです。各業者によって見積額が異なりますので、しっかりと比較して決めましょう。その際、料金だけで決めてはいけません。金額は確かに大切なのですが、安いという理由だけで決めてしまいますと、質の悪い洗剤やワックスを使われてしまう危険性があります。ハウスクリーニングサービスを利用する時は、値段だけで無く、総合的に判断をしてから決めることが大切です。

見積もりだけなら無料でやってくれる業者が多いので、遠慮せずにたくさんの業者に見積もりを出してもらい、比較しながら利用する業者を決定することが重要です。