壁紙の掃除をハウスクリーニングする際の利点と注意点

壁紙の掃除をハウスクリーニングする際の利点と注意点

多くの住宅の壁は塗装されており、経年劣化とともに汚れなどが付着します。賃貸物件の場合、原状回復が求められていますので、汚れた壁をきれいにしなければいけません。壁紙を美しくするためにハウスクリーニング業者を利用することが一般的なのですが、利用することで得られるメリットや注意すべき点は何か、事前に理解しておく必要があるでしょう。

壁紙の特徴を知っておこう

住宅の壁に塗装を施すことが当たり前となっているのですが、壁紙にはいくつかの種類があり、それぞれの特徴を理解することが重要です。自宅の壁紙のタイプを知ることで、ハウスクリーニング業者にきちんと説明することができるようになります。壁紙として最も有名なのが、ビニールクロスです。塩化ビニールシートに裏打ちした紙を使っているのが特徴です。紙クロスタイプの壁紙は、パルプ原紙へプリント加工もしくはエンボス加工を行っています。輸入住宅に活用されていることが多いと言われています。

他にも、環境に優しい樹脂を用いた壁紙や木材やコルクを使っている壁紙などもあります。壁紙の種類はたくさんありますので、自宅で使われている壁紙がどのタイプなのか、しっかりと把握しておきましょう。

ハウスクリーニング業者を利用した時に支払う金額を知っておこう

壁紙をきれいにする際に便利なのが、ハウスクリーニング業者です。壁紙をきれいにすることができ、自分でやる必要が無いので、掃除が苦手な人に人気があります。壁紙掃除を依頼する際に知っておくべきなのが、壁紙の大きさです。壁紙掃除を依頼する場合、1㎡あたりで計算されることが一般的です。そのため、面積が大きい壁紙の場合、料金が高くなりがちなので注意が必要です。

こびりついた汚れを取り除くのは大変ですし、掃除する場所が広くなればなるほど料金がかかりますので、費用を抑えたいのであれば、普段から手入れをし、きれいな状態を維持しておくことが大切です。

見積もり依頼の際に伝えておくべきこと

壁紙を美しくするためにハウスクリーニング業者を利用する前に、見積もりを出すことが大切なのですが、見積もりを出す際に重要なのが、どういうことを伝えるべきかを知っておくことです。ハウスクリーニング業者に壁紙の面積や汚れの特徴などをきちんと伝えることで、正確な金額を教えてもらうことができるでしょう。

事前にメジャーなどを使って壁紙の面積を調べたり、壁紙を近くから見て汚れの程度を把握したりすることを面倒くさがらずにきちんと行いましょう。

壁紙掃除の基本的な流れ

壁紙を掃除する際、ハウスクリーニング業者はどのような流れできれいにしていくのか、実際に知りたいと思う人は多いでしょう。ハウスクリーニング業者の多くは、掃除を始める前に壁の周りを汚さないよう、養生を行ってから始めます。準備ができたら、壁部分のホコリを取り除き、壁の汚れを落とすのに適した洗剤を用いてきれいにしていきます。最後に壁を空拭きして掃除終了です。

壁がきれいになるだけでなく、周りにもきちんと配慮してくれますので、自分でやるよりもハウスクリーニング業者に依頼したほうが良いでしょう。壁がきれいになると自宅の印象が変わりますので、室内の見た目が気になる人は是非利用してみましょう。