サッシの掃除はハウスクリーニングサービスを使おう

サッシの掃除はハウスクリーニングサービスを使おう

窓ガラスやサッシ部分には、外から運ばれてきたホコリや砂などの汚れが付着しやすくなっています。付着したこれらの汚れを取り除くのは大変で、自分で進んでやりたいと思う人はいないでしょう。掃除を自分の代わりにやってくれるハウスクリーニングサービスを利用することの重要性やサッシ部分の掃除方法を知ることが大切です。

ハウスクリーニングサービスを利用してみよう

窓のサッシに付いた汚れをしっかり取り除きたいのであれば、ハウスクリーニングサービスを利用しましょう。プロは汚れの落とし方を熟知していますし、汚れを落としやすい特別な洗剤を用いて掃除をしてくれますので、サッシぶぶんにこびりついた頑固な砂や汚れをきれいに落とすことが可能です。手間がかかり、掃除に時間がかかるサッシ部分の掃除を代行してくれるハウスクリーニングサービスはとても魅力的です。家事や仕事で忙しく、掃除をする時間を作ることができないのであれば、掃除を専門に行う業者へ依頼することが大切です。

サッシに付いた汚れの落とし方

サッシの汚れは、水溶性なので、カビを落とすために使われるような洗剤を用いることはありません。基本的にガラスを洗う時に用いられる洗剤を使います。サッシ部分の掃除は、最初に掃除機でサッシ部分に溜まったゴミやホコリを取り除きます。その後、洗剤や水を使いながらタオルで溝の汚れを落としていきます。汚れを落とすことができたら、ホースから水を出し、洗い流します。その後、濡れぞうきんでサッシの細かい部分を拭き取ります。サッシ部分の戸車へ油を差すことで、戸の開閉が楽になるメリットがあります。

オプションサービスを利用しよう

ハウスクリーニングサービスを利用することで、サッシ部分などの掃除をしてもらうことができるのですが、よりきれいにしてもらいたい時は、オプションサービスを利用して細かい部分まできれいにしてもらいましょう。オプションサービスでは、ベランダの管機構や網戸などの掃除をしてもらうことができますので、サッシ付近の気になる汚れが気になる方は、オプションサービスの申し込みをしましょう。

自宅に使われているサッシの種類を把握しよう

サッシの汚れを除去するために、ハウスクリーニングサービスを利用する人がたくさんいます。その際、自宅のサッシに使われている材質や注意点について知っておく必要があります。軽い素材で作られているアルミサッシと断熱性が高い樹脂サッシ、アルミサッシと樹脂サッシの良いところを組み合わせて作られた複合サッシがあります。

樹脂サッシは傷つきやすいため布やスポンジを使って掃除しなければいけませんし、アルミサッシは有機溶剤を用いると傷んでしまいます。サッシの素材によって掃除の仕方を変える必要がありますので、ハウスクリーニングサービスを利用する時は、自宅のサッシの素材について理解し、業者にきちんと特徴を伝えらる必要があります。

利用時の注意点

ハウスクリーニングサービスを利用する時は、依頼する業者を決める必要があります。業者によって料金や担当エリアが異なりますので、事前にきちんと確認しておきましょう。確認せずに連絡しないようにすることが大切です。