排水溝のヌメリや臭いはハウスクリーニングで取ろう

排水溝のヌメリや臭いはハウスクリーニングで取ろう

排水溝は、食器洗いの際に流される油などの汚れが流されるため、水が抜けにくくなることがあります。キッチンの排水溝がぬめりなどによって詰まりだすと、悪臭や流した水が戻ってくることがあるため、きれいに取り除く必要があります。つまりがなぜ生まれるのかや、ハウスクリーニング業者が行う排水溝掃除の流れについて学んでみましょう。

排水溝にぬめりや詰まりが生まれる原因を知ることが大切

排水溝は詰まることで不快な思いをするでしょう。排水溝が詰まる原因として大きいのが、油です。調理の際に使われた油が排水管の側面部分に付着し、パイプの広さを狭めていくため、水が流れにくくなってしまいます。また、油汚れは食べものカスや残った洗剤が原因でよりつまりやすくなり、カビや雑菌を生み出します。その結果、ぬめりや嫌な臭いが生まれ、多くの人が嫌な気持ちになる状態が生まれます。

排水溝が詰まり、嫌な臭いが発生するにはたくさんの油汚れが蓄積しなければ目に見えることがありませんので、いつの間にか詰まってしまい、嫌な臭いが発生していたと感じる人がたくさんいます。そのため、詰まらないように定期的に詰まりにくい状態を維持することが大切です。

排水溝を詰まりにくくしよう

排水溝の詰まりが生まれると、水が流れにくくなったり、嫌なにおいを発生させたりするため、ストレスを感じてしまう人は多いでしょう。排水溝を詰まらせないために、日頃からどのようなことをしておくべきなのか、学ぶことが大切です。排水溝は油が原因で詰まってしまうので、できるだけ油を流さないようにしましょう。油の多い料理を食べた後は、そのまま水で流して洗ってはいけません。事前にキッチンペーパーを用いて、油をしっかり取り除いてから洗うことが大切です。

また、食べカスも嫌な臭いや詰まりを生み出す原因ですので、排水溝ネットを活用して流さないように気をつけましょう。ちょっとした工夫をするだけで排水溝が詰まりにくくなりますので、必ず実践しましょう。

排水溝はどのような手順で洗われるのか

排水溝の清掃をハウスクリーニング業者に依頼する人はたくさんいます。掃除のプロである業者に掃除の代行をしてもらうことで、排水溝のヌメリや詰まり、嫌な臭いを取り除いてくれます。業者はどのようにして排水溝をきれいにしていくのか、掃除の流れを学ぶことが大切です。排水溝の掃除を始める時、最初に排水溝周りの養生を行ってから部品の取り外しを行います。

その後、排水溝の掃除に適した洗剤を用いて排水溝の汚れを取り除き、部品の汚れをブラシなどで落とします。排水溝の汚れやカビを除去したら、部品を元に戻し、状態を確認したら作業終了です。排水溝の嫌な臭いやヌメリを実感すること無く、掃除を自分の代わりに行ってくれるハウスクリーニングサービスの需要は高いため、多くの人が利用する時期は予約が取りづらくなってしまいます。そのため、ハウスクリーニングサービスを利用して排水溝を洗浄したもらう時は、繁忙期を避けて依頼することが大切です。引っ越しが多い時期は原状回復のためハウスクリーニングサービスを利用する人が多くなりますので、注意が必要です。