ハウスクリーニングサービスでワックス洗浄をお願いしよう

ハウスクリーニングサービスでワックス洗浄をお願いしよう

人やペットが毎日歩くフローリングは、汚れが付着しやすくなっているため、ワックスがけなどを行って、きれいにしておく必要があります。ワックスがけを怠って汚れをそのまま放置してしまいますと、床の寿命が通常よりも早く終わってしまう危険性があります。それゆえ、フローリング部分は定期的にワックス洗浄を行い、美しく維持することが大切です。ハウスクリーニング業者に依頼することが多いワックス掛けの特徴やメリット、ワックス掛けの流れについて学んでみましょう。

ワックスがけを専門業者に依頼することのメリット

フローリング部分をきれいにするためにワックス掛けをする必要があるのですが、自分でやるよりも専門業者に依頼したほうがメリットがあります。専門業者はロッカーなど重たい家具を動かして細かい部分までワックスがけをしてくれますので、汚れを見逃さず、きれいな床を手に入れることができるでしょう。ワックスがけ終了後はきちんと元あった場所に移動してくれますので、隅々まできれいにしたいのであれば、ハウスクリーニング業者を利用することが大切です。

ワックスがけについて学ぼう

フローリング部分をきれいにしてくれるワックス洗浄ですが、ワックス洗浄にはいくつか種類がありますので、どのタイプを依頼したいのか知っておく必要があります。洗浄を行ってからワックスを塗るタイプは、床を特殊な洗剤や機械を用いてきれいにした後、何度かワックスを塗ります。耐久ワックスや抗菌ワックスを床の素材に合わせて使い分けるのが一般的です。

洗浄を行わずに、現在塗られているワックスを除去してから新しくワックスを散布する作業の場合、一度剥離を行ってから塗る必要がありますので、時間と費用が通常よりも必要とされていますので、時間とお金に余裕がある時にお願いしましょう。

ワックスがけの相場料金を理解しよう

ワックスがけをハウスクリーニング業者に依頼する際、最も大切なのが、料金の相場を理解することです。フローリング部分のワックス塗り料金は、床の素材によって異なるのが一般的です。一般的な家庭に使われている床のワックスがけは、1万円から2万円ほどで利用することが可能です。素材が特殊な無垢でできたフローリングの場合、3万円から5万円ほどかかります。

ワックスを依頼する時期や注意点について理解しよう

ワックス清掃を依頼する時、いつ行えばいいのか分からず悩む人は多いでしょう。ワックスは定期的に塗りなおす必要があります。半年経ったら洗浄を行い、ワックスを塗って床をきれいにする必要があるのですが、5年経過した時は剥離を行ってより時間をかけてワックスがけをしましょう。

ワックス掛けを行ってくれる企業は多いのですが、企業の中には何も知らないだろうと顧客に対して相場よりも高額な料金を請求したり、細かい作業を省いたりする悪質な業者が存在します。それゆえ、ワックスがけを依頼するのであれば、利用者側もある程度の知識を知っておく必要があります。

ワックスがけの特徴やプロがやってくれる範囲についてある程度理解することができていれば、いい加減な業者を選ぶリスクを未然に防ぐことができますし、適正料金からかけ離れた金額を請求された時に指摘することが可能です。