ハウスクリーニングで使われているポリッシャー

ハウスクリーニングで使われているポリッシャー

掃除を専門にしているハウスクリーニング業者は、細かい汚れを除去してくれるため、多くのひとが利用しています。依頼できる箇所は多く、さまざまな場所をきれいにしてくれます。ハウスクリーニング業者が作業の際使うことが多い機材として有名なのが、ポリッシャーです。ポリッシャーの特徴や組み立て方などを学んでポリッシャーについて知ることが大切です。

ポリッシャーについて学ぼう

ポリッシャーは、モーターの働きで円型のブラシなどを回転させ、汚れを落とす機械です。床の洗浄のために用いられることが多く、床磨きに最適です。ポリッシャーは、目的や場所によってブラシなどを付け替えることが可能です。ポリッシャーにはスタンダードタイプと高速タイプがあります。スタンダードタイプは、1分間で170から180回回転します。モーターへの負担が少ないタイプですので、ハードな床だけで無く、タイルカーペットの掃除もできます。

高速タイプのポリッシャーは、1分間で220から240回回転します。スタンダードタイプに比べて回転数が多いのですが、ハード床にしか使うことができません。カーペットなどには使うことができませんので、注意が必要です。回転数が異なるポリッシャーについて学ぶことで、床の状態に最適なポリッシャーは何か把握することができるでしょう。

様々なタイプがあるポリッシャー

床掃除の際に使われることが多いポリッシャーには、複数の種類があります。種類によって特徴が異なりますので、違いを知ることが大切です。コンドルポリッシャーCP-8型は、階段掃除のために作られており、女性でも扱いやすいサイズとなっています。階段の他にも、小さいフロアの掃除に適しています。

ハウスクリーニングに最も使われているのが、カンカン安全ポリッシャーCP-12K型高速回転です。店舗や事務所、学校やホテルなどで使われることが多く、多くの場所で見られる商品です。安定性の高さが魅力的なポリッシャーとして注目されているのが、コンドルツーブラシポリッシャーCPW-6です。初めてポリッシャーを扱う人でも安心して使うことができる商品です。ポリッシャーには様々な種類がありますので、ハウスクリーニングの際、どのポリッシャーを使っているのか確認してみましょう。

ポリッシャーの組み立て方を学ぼう

ハウスクリーニング業者に愛用されているポリッシャーですが、使うためには組み立てる必要があります。ポリッシャーは納品時ハンドルとヘッド部分が別々になっています。まず箱からポリッシャーを取り出したら、ヘッド部分を安定させなければいけませんので、タイヤの位置を変更させます。その際、怪我をしないように気をつけましょう。

次に、安定させたポリッシャーにある穴を見つけ、ハンドル部分を差します。ハンドルを差したら、ハンドルの位置を整え、ねじで固定させます。ねじを締める際は、上と下を順番に締めることが大切です。ねじを強く締めすぎてしまいまうと、ポリッシャーを固定させる部分が破損してしまいますので、適度な強さで締めましょう。次にポリッシャーにホースを繋げます。ホースを繋ぐことができたら、ヘッド部分とハンドル部分のコンセントを繋いで完成です。