油汚れの特徴や落とし方を学んで効率よくハウスクリーニング

油汚れの特徴や落とし方を学んで効率よくハウスクリーニング

ハウスクリーニングをする人を苦しめている汚れとして有名なのが、油汚れです。脂汚れは落とすのに一苦労しますし、ギトギトとした感触が多くの人を不快にさせます。油汚れは普通にやっても時間がかかるため、かなりの負担になってしまいます。そのため、油汚れへの対処法や、予防の仕方を学んで油汚れに対する苦手意識を無くしていきましょう。

油汚れをきれいに落とす方法を学ぼう

油汚れはできた直後に掃除することが大切です。脂汚れができたからとそのまま放置してしまいますと、油汚れがこびりつき、落とすことが困難になります。もしこびりついた場合はどうすればいいのか、対処の仕方を理解することが重要です。脂汚れは酸性なのでアルカリ性の洗剤を用いて落とすと効果的です。特に重曹はアルカリ性の性質を持ち、洗浄力が高いのでオススメです。

重曹を用いて油汚れを落とす時は、スプレーに水と一緒に溶かして散布しましょう。作り方はとても簡単でスプレー容器の中に水500mlと小さじ3杯の重曹を加えてよく混ぜて溶かすだけです。準備に時間がかかりませんので、限られた時間で油汚れを落とさなければいけない人でも、安心して作ることができるでしょう。

油汚れが多くの人を苦しめる原因

油汚れに苦しめられている人はたくさんいます。油汚れは、汚れの範囲が広く、時間が経過するにつれてどんどん落とすことが難しくなる特徴をもっています。それゆえ、料理の際にはねた油が付着し、気がつかないまま長い間経ち、見つけた時にはもう手遅れになっていることがあります。

脂汚れにすぐ気がついて水やお湯で取り除けば簡単に除去することができるのですが、そのまま放置してしまうと空気と混ざって酸化して樹脂状態になってしまいます。その結果、洗剤を用いても効果が薄く、簡単に落とすことができない汚れに変化します。洗剤でも落とすことができないため、多くの人が面倒な汚れだと認識するでしょう。落ちにくい油汚れを作らないよう、定期的にキッチンの掃除を行うことが重要です。

 

油汚れを未然に防ぐには

時間の経過した油汚れは取り除くことが難しく、とても大変です。脂汚れを落とすための掃除をしたくないのであれば、油汚れができるのを未然に防ぐ必要があります。脂汚れを作らないためには、調理中換気扇を必ず動かす必要があります。調理中に使用した油は、空気と一緒に上に上がっていきます。換気扇を使わないとキッチン全体に油が撒かれることになります。それゆえ、料理をする時は換気扇を必ず使いましょう。

また、使用する鍋やフライパンに蓋をすることも忘れてはいけません。料理を作る際、フライパンからはねた油の多くがこびりついて油汚れになってしまいます。油がはねないようにするため、調理の際はできるだけ蓋をしたまま行うことが大切です。

自分で掃除をするのが大変な時は専門の業者に依頼しよう

油汚れを落とす作業はとても大変なので、自分達だけで行うのがどうしても難しいと感じた時は、掃除を専門に行っているハウスクリーニング業者を頼ることが大切です。掃除の研修を終えたスタッフが丁寧に掃除をしてくれますし、一般の市場ではあまり出回っていないような特別な洗剤や機械を用いて油汚れを取り除いてくれます。