ハウスクリーニングの内容を把握してからサービスを依頼しよう

ハウスクリーニングの内容を把握してからサービスを依頼しよう

ハウスクリーニングサービスは自宅の掃除や引っ越し時に行わなければいけない原状回復のために利用されることが一般的です。自分の代わりに掃除をしてくれる便利なサービスなのですが、サービス内容を事前に調べなければどこまでやってくれるのかわからないため、混乱してしまいます。また、ハウスクリーニングに必要な時間を計算しなければ自分の予定に支障がでる可能性があるので、掃除にかかる時間についても知っておく必要があります。

ハウスクリーニングの内容について

ハウスクリーニングの内容は、利用する人がお願いしたい場所や支払う費用によって異なります。キッチンや水廻りなど掃除を依頼する個所によって内容が異なりますので、事前にホームページなどで確認しておきましょう。ハウスクリーニングサービスを行っている業者のほとんどが作業を行う前に現場を確認し、見積もりを出した後に作業始めますので、気になることがあればその時に聞くことが大切です。

キッチン近くのサービス内容

キッチンは水垢や油汚れなどが目立つ箇所なので、ハウスクリーニング業者が提供するサービス内容は、ガス台やタイル壁、シンクやキッチンの床部分、掃除が大変なレンジフード部分が対象となっています。調理をする際に使うキッチンは清潔に保つ必要がありますので、ハウスクリーニングの内容を確認し、気になる個所をきれいにしてもらいましょう。

水廻り部分の掃除内容

ハウスクリーニングサービスを利用して水廻り部分の掃除をしてもらうことができるのですが、どこまでやってくれるのか内容を調べておくことが大切です。水廻り掃除の内容は、トイレや浴室、バスルームの洗面台なです。さびや石鹸のカス、カビなど様々な汚れが生まれやすい水廻り部分の掃除は大変なので、プロの業者にお願いしましょう。

リビング部分の清掃内容

リビング部分はたくさんの時間を過ごすため、どうしてもホコリなどの汚れが溜まってしまいます。リビング掃除の内容は、エアコンや床、網戸などです。エアコンの掃除や床へのワックスがけ、網戸の掃除など普段はやらないような大がかりな掃除をハウスクリーニング業者に依頼することができますので、年末の大掃除などが必要な時は業者にお願いしましょう。

所要時間を把握しておこう

ハウスクリーニング業者が担当してくれる個所は多く、サービス内容もたくさんあります。それゆえ、ハウスクリーニングサービスを利用するメリットは大きいのですが、掃除をする際どれくらいの時間を必要とするのか、知ることが大切です。ハウスクリーニングを利用する際、必要とされる時間は部屋の広さによって異なります。ワンルームの部屋を掃除してもらう場合、3時間から4時間ほどで完了するのですが、5LDKを超えるような広い部屋の場合、1日かけて行われることが一般的です。

それゆえ、ハウスクリーニングサービスを利用する時はサービス内容を確認することはもちろんのこと、掃除に必要な時間はどれくらいなのかを計算して、予定を入れることが大切です。ハウスクリーニング業者の多くが最後に顧客と一緒に掃除終了後の確認を行いますので、最後まで見届けられるよう、時間にゆとりを持って依頼するようにしましょう。