壁紙のハウスクリーニングを行おう

壁紙のハウスクリーニングを行おう

自宅の壁紙が汚れた時、見た目が悪くなっているためきれいにしたいと思う人は多いでしょう。壁紙を自分でハウスクリーニングする際は正しい掃除の仕方や壁紙の特徴、掃除をする時に注意すべきことについて把握することが重要です。失敗した後に後悔しても遅いので、始める前に調べておきましょう。

水を使って掃除ができる壁紙とできない壁紙

壁紙に付着した汚れを落とすために、水を使って掃除をする人が多いのですが、どの素材でも水を使って掃除ができるわけではありません。多くの住宅で使われている壁紙は、ビニールクロスタイプなので水拭きが可能です。しかしながら、紙や布、しっくいでつくられた壁紙は水ぶきができませんので、注意が必要です。

壁紙に付着した汚れを落とそう

壁紙に付着した汚れの特徴によって落とし方が異なりますので、事前に確認することが大切です。電灯をつけるために設置されているスイッチ付近の壁紙は、手垢汚れが多く付いています。手垢汚れが原因で壁紙が黒く変色している場合は、重曹と水を混ぜてつくったスプレーを散布し、汚れを落とすことができます。子供がクレヨンや油性マジックを用いて書いたらくがきによる汚れは、クリームクレンザーが有効です。雑巾につけた後こすることで汚れを取り除くことができるでしょう。

日光が当たりにくい個所はカビができやすくなっています。カビが発生した壁紙をきれいにするには、お酢を雑巾に散布して拭いた後、重曹水を撒いて綺麗に拭き取ることで、カビを取り除くことができるでしょう。もし、カビが中まで浸透して落ちにくくなっているときは、エタノールもしくはメラニンスポンジを用いて落としましょう。市販のカビ除去スプレーは独特の臭いがありますし、場合によっては壁が変色することがあるので使わないようにしましょう。

壁紙掃除で注意すべきこと

壁紙の汚れを簡単に除去することができるメラニンスポンジはとても便利なのですが、上から塗料などが塗られている部分に使ってしまいますと、色がピンク色に変化してしまうことがあります。一度変化した色を元に戻すことは大変なので、メラニンスポンジを使うときは注意しましょう。また、強い洗浄液を用いて掃除をする時は、ゴーグルをかけ、手袋を着用し、マスクをしてから行うようにしましょう。マスクなどを付けないまま始めてしまいますと、皮膚や目の中に強い洗剤が入り込んでしまう危険性がありますので、自分の体を守れるよう、しっかりと準備してから始めましょう。

無理だと思ったらハウスクリーニング業者を利用しよう

壁紙の汚れは自分で落とすことができるのですが、水ぶきができない素材など、素人が掃除することが難しい壁紙の場合は、無理せず専門のハウスクリーニング業者を呼びましょう。ハウスクリーニング業者は特殊な機材と洗浄液を用いて掃除をしてくれますので、素人が掃除できないような個所を美しくできます。日本全国にハウスクリーニング業者はたくさんあるため、選ぶのが大変だと思われがちなのですが、NPO法人日本ハウスクリーニング協会は安全に利用できる業者に対し、「優良企業マーク」を交付していますので、このマークがある業者を選んで利用することで、品質の高い安心して掃除を任せることができる業者を選ぶことができるでしょう。