ハウスクリーニングの業者は油汚れをどう落とす?

ハウスクリーニングの業者は油汚れをどう落とす?

キッチンのコンロやレンジフードなど油汚れのひどい場所を、ハウスクリーニングの業者の方はどうやって作業を行っているのでしょうか?ハウスクリーニングの現場で、実際に行われているテクニックを具体的に紹介します。

油汚れ対策は漬け置きが肝心

換気扇のドラムの部分やコンロの五徳など油汚れでベタついている部分は、少し熱めのお湯に油汚れ専用の洗剤を多めに溶かして漬け置き洗いが一番肝心です。

【シンクが大きい場合】

レンジフードのフィルターがきちんと入るほどの大きいシンクの場合は、シンクの中に直接お湯と洗剤を溶かしてすべてのパーツを漬け置きします。その間にレンジフードやコンロの本体部分などに、洗剤をスプレー容器でかけておきます。

この作業は万が一の事故を防ぐために電源コンセントを抜いたり、ガスの元栓を止めてから行います。さらにシンクに傷がつくのを防ぐために一番下にタオルを引いておきます。

そして別にしてバケツに入れておいたお湯を、スポンジに含ませてこすっていきます。その後、シンクに漬け置きしておいたパーツを一つ一つ丁寧に洗浄していきます。

汚れのひどいものはスクレーパー(一枚刃)で傷がつかないように注意しながら、汚れをできるだけ削り落としてから研磨剤付の緑のナイロン製のパットでこすり洗いします。細かい部分は割り箸やサッシブラシなどで汚れを掻き出しながら洗っていきます。

【シンクが狭い場合】

上記のような大きなシンクがない場合には、ゴミ袋の大きいものを活用します。換気扇のフィルターやコンロの五徳は先のとがっている部分がありますので、袋を2枚重ねて使うことで強度が増して使用しやすくなります。この袋の中に換気扇やコンロのパーツを外して洗剤液で漬け置きします。

【お湯が使えない場合】

換気扇やコンロのパーツを外して、キッチンペーパーや新聞紙などで覆います。その上から油汚れ専用の洗剤を大量にかけてます。キッチンペーパーや新聞紙が洗剤が流れ落ちていくのを防ぐため、汚れが落ちやすくなります。この時に下に新聞紙やゴミ袋を引いておくと、余計な場所を汚さずに作業できます。

ハウスクリーニングの業者が油汚れに使用する道具

ハウスクリーニングの現場で油汚れに対して多く使用されている洗剤は、‘‘超強力なアルカリ系洗剤‘‘です。ハウスクリーニングの業者は現場の汚れ具合に応じて、洗剤の濃度を変えて使用します。そのため業務用の大きいタンクに入った物をスプレー容器に入れたり、直接バケツに入れたりして使用します。

ハウスクリーニングの現場で使用する洗剤は強力なものを使用していますので、誤って床にこぼしてしまったり、家具などに直接吹き付けて使うと跡が残ってしまったり、塗装が剥げてしまいます。そのため必ずタオルやスポンジにスプレーしてから使います。

【油汚れには緑のナイロンパッドが最適】

ハウスクリーニングの現場でよく使用されている、ナイロン製のパットは色によってその強度が違います。

研磨剤のない白パットは汚れの軽い箇所や傷がつきやすい箇所に使用します。油汚れを落とす時によく使用するのは研磨剤の付いた緑のパットです。汚れのひどいところには一番強い、黒のナイロンパットや金属製のたわしが使用されることもあります。

このようにハウスクリーニングの業者は、洗剤やパットを汚れや掃除する場所に合わせて、的確に使い分けています。