間取りごとに見てみよう!ハウスクリーニングの相場ってどのくらい?

間取りごとに見てみよう!ハウスクリーニングの相場ってどのくらい?

ワンルーム・1Kの場合

業者を比較したサイト等によく見られるのは、その会社の最安値、つまり間取りはワンルームで表示されていることが多いです。確かにそれがベースになって間取りによって料金がプラスされていくわけですから、ある程度の指標にはなり得ます。ここで「ある程度」と書いたのは、それ以外の料金が業者によってばらつきがあるため、表示された金額を鵜呑みにするのはおすすめできないからです。その点を踏まえた上で、まずは大体の相場をざっくりと見ていきたいと思います。

まず、引っ越しの場合を想定したワンルームや1Kの部屋全体のハウスクリーニング代金ですが、10,000~45,000円とかなりの幅があることがわかります。それは業者によってどこまでやるかの作業内容や出張費、作業車の駐車料金などの細かい部分の決め方が違うことにもよります。また、1人暮らしに不慣れで掃除の仕方が良くわからない人がずっと使い続けていて台所や浴室、トイレなどの水回りがひどく汚れてしまうケースもあるでしょう。そんな場合は追加料金にも注意が必要です。

1DKの場合

ワンルームや1Kにダイニングルームがついて料金も1部屋分多くなり、20,000~50,000円。キッチンも1Kのものよりは大き目のものがついていたりするので、お掃除の面積も増えますね。

1LDK・2DKの場合

30,000~72,000円。更に1部屋増えて新婚さんなど2人以上で済むことも多いでしょう。せっせと手料理を作るかも知れませんし、台所も汚れている場合が多いと考えられます。追加料金などに気をつけましょう。

2LDK・3DKの場合

35,000~100,000円。これは圧倒的にファミリータイプの間取りになりますから、3人~5人の家族で住むことを考えると、汚れもその分増えてきます。子育て真っ只中のファミリーならお子さんが壁などを汚したりすることも日常でしょう。お料理も揚げ物など油を使う料理が多くレンジフードも汚れていると考えられます。

3LDK・4DKの場合

40,000~120,000円。面積がまた1部屋分単純に増えてこの金額です。間取りが増えた分家族構成も増えるという考えで行くと、さらに汚れは増えます。また近頃はマンションでも室内でペットを飼っていることもありますから、壁家床などの作業についてもしっかり確認するとよいでしょう。

4LDK・5DKの場合

50,000~130,000円。さらに1部屋分が増えて掃除する面積が増えることによりこの金額です。部屋数の多い家をハウスクリーニングするとなると単純に考えても所要時間がかかります。戸建住宅で自前の駐車場等があればいいのですが、業者さんが有料駐車場を使用しなければならない場合は駐車料金もそれなりにかかってきますので、その分の費用も心づもりしておく必要があります。駐車料金無料とうたっていない会社の場合が多いようですが、その場合は見積もりの段階で聞いておきましょう。

専門性が必要なサービスの場合

最近メディアでも良く紹介されている、1人暮らしのお年寄りがなくなられた後始末をする「遺品整理士」の資格をもつ作業員に作業を頼んだ場合、1Kの35,000~3DKの200,000円までと当然のことながら丸ごと一軒引っ越すくらいの予算が必要な場合も多いです。空室の清掃とは全く違い、遺品整理の専門性をもって作業するので所要時間、作業人数なども多くを要します。多くの業者の場合は遺品整理がメインで清掃は簡易清掃を行うようですが、業者によってはきちんとしたハウスクリーニングまで手掛けてくれるところもあります。料金の設定も様々なので見積もりを取って比較検討し納得のいくサービスを受けられるようにしましょう。