何かと費用がかさむ引っ越しでハウスクリーニングの値段はどのくらい?

何かと費用がかさむ引っ越しでハウスクリーニングの値段はどのくらい?

間取りによる

ハウスクリーニングのお値段というのは、実は様々な要素があり、各家庭によりケースバイケースということもあるので、本来は依頼者ごとにきちんと見積もりを取って算出します。ですから誰もが全く同じとは限りません。業者によっても値段の設定にもばらつきがみられるのでつかみにくいというのが正直なところです。誰の目に見てもはっきりとわかる要素でおよその傾向をつかんでいただければと思います。その値段を決める要素の一つが「間取り」です。ワンルームか3DKかなど床面積が違えば使う洗剤の量、労力や時間も違い人件費にも関わってくるわけですから一番大きなポイントと言えます。

ワンルーム~1DK:15,000~35,000円

1LDK~2LDK:25,000~65,000円

3LDK ~4LDK:50,000~90,000円

以上のように幅があります。

マンションか戸建てか

間取りによる値段の違いを書きましたが、先に挙げた値段はあくまでもマンション・アパートについてのものでした。では一戸建ての場合はどうなるのでしょう。料金表も別になっています。およそ以下の通りです。

1LDK~2LDK:25,000~45,000円

3LDK~4LDK:70,000~120,000円

マンションよりも高くなっていますね。その理由を見ていくことにしましょう。日本の一戸建ての多くは2階建てです。2階があることでまず窓の数が増えます。また床面積も家によってまちまちです。広い2世帯住宅などデザインも様々で、床面積も広くなる傾向があります。リビングやベランダを広く作っていたり、トイレも1階と2階に作ってあるお宅もあります。2世帯同居ならキッチンも2つになっている例もあります。こうしたことを加味して1~2万円ほど高くなる傾向です。

また、一戸建ての場合、家の中だけでなく、外もきれいにしたいと考える場合は、オプションで追加メニューの料金も考えておかなければなりません。例えば車庫、庭などです。砂埃、泥、枯葉などで汚れがちです。

居住中か空き室か

値段を決めるもう一つの大きなポイントは、ハウスクリーニングをしてもらう時に居住中か空き室かということです。その違いによって値段も変わってきます。その理由は、居住中ですと家具や電化製品もそのままあるので、ハウスクリーニングの作業の邪魔になるため移動させなければならなかったり、また洗剤などの薬剤が付かないようにしっかり養生するための資材も必要になります。大型家具を移動させるとなると作業員の数も増えるでしょう。手間も時間もかかるということは人件費にも影響するということです。

例えそこに住んでいるわけではなくても、家具を少し置いている場合などは居住中とみなした値段になるようです。家具の処分の日にちが引っ越しとずれてまだ残っているという状態は避けたほうがいいでしょう。ハウスクリーニングの作業日をいつにするかは家具をすべて運びだして完全な空き室になる日を選ぶのが一番お得です。もちろん業者にとっても作業がしやすくなりますね。

その他

フローリングにワックスをかけるかかけないか、作業車の駐車料金は無料か実費負担か、そして汚れ具合による追加料金などについても業者ごとに違うので、しっかり見積もりの時になるべく細かく質問して、どの作業はやってどの作業がないのか、オプションはどうするかということをはっきりさせるのが良いでしょう。事前のコミュニケーションを取ることがもっとも大切です。