NPO法人「ハウスクリーニング協会」ってどんな仕事をしているの?

NPO法人「ハウスクリーニング協会」ってどんな仕事をしているの?

協会の沿革

「日本ハウスクリーニング協会」は2001年にNPO法人[特定非営利活動法人)として認証されています。それ以前は任意団体としてハウスクリーニングの指導、育成、普及、啓発を中心に1989年(平成元年)に発足して今日に至っています。NPO法人になったことで社会的責任がより明確になりました。

1985年 仕事も仲間もシェアする団体、ハウスクリーニングサービスを設立。

1990年8月9日 ハウスクリーニングの日にボランティア活動を開始。

2001年 読売新聞の光と愛の運動への寄付事業開始。

2003年 自立支援職業訓練開始。ホームレス自立支援講習会開始。子育て支援券発行開始。ボランティア活動開始。

2006年 メールマガジン「おそうじ手帖」発行開始。

2007年 整理収納清掃講座開始。整理収納清掃コーディネーター認定開始。

2009年 優良企業認定制度開始。優良企業マークを付与。お客様満足度調査開始。ランキング開始。整理収納清掃コーディネーター商標登録。

2012年 魔法の4分割シート、商標登録。日本家事代行協会、商標登録。日本整理収納協会、商標登録。

2013年 家事ソムリエ、商標登録。

2014年 ホームレス自立支援講習会、ハウスクリーニング士資格取得者1320人。一般社団法人日本家事代行協会を設立。

事務所と目的・活動内容

事務所は東京都新宿区百人町1丁目20番17号。

地域の高齢者、障害者、福祉施設や住民に対して、ハウスクリーニングやそれに関する事業の総合的なサービスをもって地域社会の福祉に寄与するとことを目的としています。そして特定非営利活動として次の5つを掲げています。

1.保険、医療又は福祉の増進を図る活動

2.まちづくりの推進を図る活動

3.環境の保全を図る活動

4.災害援護活動

5.子供の健全教育を図る活動

毎年8月9日の「ハウスクリーニングの日」に福祉施設などに専門的ハウスクリーニングを行ったり、売上金の一部を寄付するなどの福祉活動も行ってきている団体です。また事業の種類として次の7つを掲げています。

  1. 高齢者や障害者および福祉施設などにクリーニングを実施
  2. 講座、講演会、研修会、イベントの企画、開催
  3. ハウスクリーニングに関する情報提供や普及啓発活動
  4. ハウスクリーニングを通した環境保全に関する活動
  5. 福祉にかかわる団体又は企業、および災害が起きた地域等に対する寄付
  6. 青少年の人達などに対する、ボランティアへの参加の機会の提供
  7. その他目的を達成するための事業

具体的な事業内容としては子育て支援事業、福祉クリーニングなどを行う「福祉ハウスクリーニング」、「女性自立支援」で女性の社会復帰を支援、ハウスクリーニングにより自立していくための指導育成をする「自立支援活動」、ネットを通じた情報提供や研修会の開催をする「普及啓発事業」、福祉施設・団体や災害地域への寄付を行う「寄付事業」などがあげられます。

会員になるには

「この法人は、地域の高齢者や障害者および福祉施設等に対して、ハウスクリーンングおよびそれに関する事業の総合的なサービスを行うことにより、地域社会の福祉に寄与することを目的とする。」という趣旨に賛同できる方は誰でも「賛助会員」になることができます。

賛助会員の特典

ロゴ、スティッカーの使用、メルマガ配信、協会ホームページへの掲載、研修会や情報交換会へ参加することができるなどお得です。

協会ホームページに掲載されたりロゴを使えることで、信頼も得られ、研修会では技術を向上させることもできますね。

ハウスクリーニングに精通した個性を発揮して社会貢献をする団体ということがお分かりいただけたでしょうか。