あれこれ忙しくて自分じゃとても無理!退去時のハウスクリーニングの相場は?

あれこれ忙しくて自分じゃとても無理!退去時のハウスクリーニングの相場は?

空き室クリーニング

ハウスクリーニングの料金には様々な要素があり、業者によって決め方も幅があります。マンションやアパートの退去時に伴うハウスクリーニングとは、引っ越し後で荷物が運びだされた状態で行いますから居住中の大掃除目的で依頼するときよりも業者としては作業がしやすく料金表の基本の設定になっていることがほとんどです。お掃除本舗の例を挙げると、「引っ越し前・後 まるごとクリーニング」は荷物がないことが条件で、1K・1DKが24,000円~、1LDK・2DKが32,000円~、ファミリータイプの2LDK・3DKが44,000円~、3LDK・4DKが56,000円~となっていますが、これはマンションタイプの場合。一戸建てですと2LDK・3DKが55,000円~、3LDK・4DKが67,000円~と1万円ほど高くなっています。

丸ごとセットにしてやってもらうことが多いと思いますが、その中のサービスにはどんなものがあるかを見ていきましょう。

キッチン、換気扇、浴室、洗面所、トイレ、ガラスサッシ、玄関、靴箱、ドア、押し入れ、クローゼット等のお掃除がセットになっていて、個別に頼むよりお得なようです。こちらの業者の場合はエアコンや床のワックスがけまでは含まれていませんでした。自分はどこまでのクリーニングを希望するのかを見積もりの段階で細かくチェックしておきましょう。こんなはずではなかったという事のない様にしたいものです。

また、お得だからといって丸ごとセットにするのではなく、いつもきれいに使っているお宅なら、レンジフードやエアコン、お風呂といった箇所だけを選んで集中的にやってもらうこともできますからどちらがお得かよく考えてみましょう。

注意したいのは空き室クリーニングとは荷物がないことが条件になっていることです。例えば、友達に譲る家具など、後から取りに来る予定で残してある荷物があったりすると、この料金は適用されなくなるようです。在室した状態でのハウスクリーニングの料金が適用されてしまいます。もったいないので、この辺はうまく段取りをしておきましょう。

一戸建ての場合

始めにも書きましたが、マンション・アパートよりも一戸建てのほうがハウスクリーニングの費用は高くなるようです。どこの業者も大体20%ほど差が付いています。その理由として、床面積が大きくなる傾向が挙げられます。画一的なマンションとは違い、カスタムメイドのお宅もあるでしょうから、一口に3LDKといってもその床面積には幅があります。6帖のリビングもあれば20帖~のリビングがあったりまちまちです。

また一戸建ての場合は2階建て、3階建てということもあり、床面積の他に窓の数も料金に関係してきます。他にはトイレの数、ベランダの広さ、車庫掃除まで含むとなると料金はマンションとは全く違ってきます。依頼時には必ず見積もりをしてもらい、どこからが追加料金になるかなどの確認をしっかりして置きましょう。業者さんによっては「見積もりの他に追加料金は取りません。」と明記してセールスポイントにしているところもあります。

注目したいポイントとして、駐車料金をどう扱っているかがあります。駐車料無料、実費負担、一部負担などがあるので要チェックです。他には出張費という項目があったりもします。

引っ越しは忙しくても、こうしたことは見逃さず、トラブルなくハウスクリーニングを利用したいものです。