エアコン掃除に重曹!汚れと共に匂いを落とす 失敗から学んだ話

エアコン掃除に重曹!汚れと共に匂いを落とす 失敗から学んだ話

エアコンはカビの温床?

エアコンからの風が臭いと思ったことはありませんか?手が届かないような場所にカビを見つけた経験はありませんか?エアコンの汚れを放っておくとカビの温床となります。このカビが原因で肺炎になることもあるのでいつも清潔に保ちたいところです。

ところが、自宅用のエアコンの清掃を専門業者に頼むと1万円前後かかると言われています。昔ながらの個人の電気屋さんで購入した場合は5千円ほどでエアコン掃除をしてくれる場合もあるようですが、大型家電量販店などで購入するとエアコンの清掃は専門の業者に頼むことになります。掃除に1万円は高い!と思うあなたのためにエアコンの掃除方法をご紹介します。ただし、読んでも分かりにくいと感じた場合や自信がない場合は業者の方に頼んで掃除してもらった方が良いかもしれません。内部の清掃は自己責任でお願いします。

エアコンの簡単な掃除方法とは?

最初に必ずコンセントを抜くことから始めましょう。コンセントを抜いたらフィルター掃除ですね。フィルターを外して掃除機でホコリを吸い取りましょう。汚れがひどい場合は洗剤などを使って水洗いをしてからしっかり乾かしてください。

エアコン洗いで一番難しいのが冷却フィンです。私が実際にやってしまった2つの失敗は、無謀にも冷却フィンを雑巾で拭き掃除してしまい冷却フィンを潰してしまったこと。見た目より柔らかいので少しの力で潰れてしまいます。その後つまようじなどを使って一生懸命フィンを立ててみたのですが、もちろんエアコンは使えなくなってしまいました。

そして次の失敗がエアコン洗浄スプレーにまつわる失敗で、長い間手付かずでホコリまみれになってしまった冷却ファンに洗浄スプレーを吹きかけたところ、洗い流されたホコリが洗浄スプレーの水分と混ざってヘドロ状となりドレンホースを詰まらせてしまったというものです。

その時は購入店に修理を頼んだのですが、そのときに言われたことが「エアコン洗浄スプレーはあまりお勧めできない」という言葉でした。そして、その時に教えてもらった素人にもできる冷却ファンの掃除法がエアダスターを使うことです。100均でも売られていますし、ホームセンターでも買うことができます。エアダスターでホコリを吹き飛ばしてください。これなら冷却ファンも潰れませんし、ホコリがヘドロにもなりません。かなりホコリが飛び散りますがこれなら簡単に冷却ファンを綺麗にすることができます。

次はルーバーという風向きを調整する羽と送風ファンの掃除です。長い間放置するとここにカビが生えることも珍しくありません。主導でルーバーを開く場合の基本はゆっくりルーバーを動かすこと。力で開けようとするとすぐに壊れてしまいます。ルーバーから中を覗くと丸い送風ファンが見えると思います。擦ると一緒に回ってしまうので非常に擦りにくいのですがしっかり擦り洗いしてください。すきま掃除用など小さなブラシの方がすきまに入りやすく便利です。ファンが綺麗になったところでルーバーもしっかり擦り洗いします。

エアコンの外側の汚れは、洗剤を使ってしまうとエアコンの風で洗剤の匂いが運ばれてくる気がするので、私は重曹スプレーを使っています。エアコンの上面の拭き掃除は特に目に付かない分忘れやすいのですがホコリがつきやすい場所ですのでしっかり掃除したいですね。

気になるエアコンの匂いと汚れは日頃のこまめなケアで予防できます。ぜひお試しください。