コンロ掃除に重曹!簡単に油汚れが落ちる!使い捨てで更に簡単

コンロ掃除に重曹!簡単に油汚れが落ちる!使い捨てで更に簡単

コンロ掃除は面倒!

コンロは日常的に油を使う場所と言うこともあり、毎日の掃除がとても大切な場所です。この毎日のケアを怠ることがコンロの故障の原因となることもあります。本当は油汚れもついたそのときに拭くのなら、水拭きで簡単に汚れを落とすことができます。でも、後でやろう。明日やろう。と思っているうちに固まってしまい汚れが落ちにくくなることはよくあることです。時間が経って固まった油汚れの掃除は大変ですね。コンロに余熱が残っているうちに掃除した方が簡単な気もしますが、熱すぎると火傷してしまいますのでご注意ください。

効率的にコンロ掃除をするため、まずは道具を揃えましょう。すべて100均で購入可能です。まずはスポンジ。コンロ専用、または使い捨てるようにしてください。そしてスチールウールたわしやカネたわし。ただしカネたわしはすぐ切れて残ってしまいますので、最後にきちんと拭き取るようにしてください。ワイヤーブラシもあると便利です。そして洗剤は油汚れに強い重曹や食器用洗剤を、洗剤を拭き取るためのキッチンペーパー、手荒れが気になる方は手を保護するためのゴム手袋もあるといいかもしれません。我が家では仕上げにメラミンスポンジを少しだけ使用するときもありますが、これはあればでかまいません。

コンロの簡単な掃除方法とは?

まずガスの元栓をしめてください。次に五徳やグリル、つゆ受け皿があるタイプはつゆ受け皿など取り外せる部分を取り外して重曹水につけ置きします。重曹水は、水200ccに対して重曹10g(小さじ2)を目安にしてください。このときお湯を使うようにすると効率が良くなります。たらいなどを使うといいと思いますが、なければ大きなビニール袋でもかまいません。五徳全体が水につかるようにしましょう。

コンロを洗剤で洗っていきます。スポンジを使うときは一度水にスポンジをくぐらせてしっかり水を絞ってください。水分がコンロの内部に入ると故障の原因になります。広範囲を一気に掃除するのではなく、一部分ずつしっかり汚れを落としながら確実に水分と汚れをふき取りましょう。スポンジやタワシを使ってしっかり油汚れやこびりつきを落としていきます。ひどい汚れは無理に落とさず、洗剤や重曹ペーストを塗ってしばらく放置し、汚れを浮き上がらせてから掃除するようにしましょう。重曹ペーストは重曹2~3に対して水1を目安にして作ってください。全体的に綺麗になったら、キッチンペーパーで拭きあげます。この時、ほんの少しだけ汚れが残っていることがあると思います。こんな時は洗剤をつけるところからやり直すのは面倒なので、メラミンスポンジで汚れを擦ってあげてください。すぐに綺麗になります。

このとき忘れやすいのがコンロの側面、点火や火力の調節をするボタンやツマミです。忘れずに確実に綺麗にしていきましょう。

コンロの大掃除が終わったら五徳を綺麗にしていきます。五徳の汚れを洗剤やカネたわし、ワイヤーブラシなどでしっかり落としていきましょう。綺麗になったら元の場所に戻す前に必ずしっかり水分をふき取ってください。

コンロの大掃除が面倒なのは、しつこい油汚れのせいです。掃除が終わったら掃除に使ったスポンジなどを捨ててしまうと更に後片付けも楽になります。コンロの大掃除、頑張ってください。