冷蔵庫の掃除と消臭には重曹を!思ったより簡単に綺麗になる方法

冷蔵庫の掃除と消臭には重曹を!思ったより簡単に綺麗になる方法

汚れの種類が多いうえに気になる匂いまで

冷蔵庫の中の汚れの種類は、食べ物の汁、ジュースお茶、野菜についた泥などが考えられます。そして外側はキッチンならではの油汚れや手垢などで実はベタベタ。冷蔵庫のドアのゴムパッキンは手入れを怠るとカビが生えてしまうことも。ゴムパッキンに生えてしまったカビはなかなか綺麗にすることができません。

気付いたときに気付いたところをこまめに掃除するのも大切ですが、年に何回かは冷蔵庫の大掃除も併せて行なうようにしたいですね。

冷蔵庫掃除のために用意しておきたいものをまとめました。すべて100均で購入可能です。まず、洗剤は重曹やセスキ炭酸ソーダを用意してください。そしてマイクロファイバー雑巾、ゴムパッキンを掃除するための綿棒。仕上げのアルコールスプレーもあった方が良いですね。

冷蔵庫の簡単な掃除方法とは?

冷蔵庫の大掃除をする日を決めたら、その日までに中の食材をできるだけ減らしていきましょう。

大掃除当日は、まず始めに冷蔵庫のコンセントを抜いて電源を切ります。電源が入ったままドアを開けっ放しにしておくと、冷気がどんどん逃げるので冷蔵庫は中を冷やそうとします。結果、電気代がかさむことに…

中の食材は発泡スチロールの入れ物やクーラーボックスで保温するようにした方が安心です。

まず冷蔵庫の中の取り外せる部品をすべて取り外しましょう。卵ケースを始めとするドアのパーツは取り外せるようになっている物が多いので、取り外せるものは取り外して、重曹水につけておきます。同じように冷蔵庫内の棚なども重曹水につけておくといいですね。重曹水は水200ccにつき重曹10g(小さじ2)を目安にしてください。

パーツを取り外した後は、冷蔵庫の中を重曹水でしっかり拭きあげましょう。冷蔵庫の中が綺麗になったらつけ置きしておいたパーツを綺麗に洗います。洗い終わったら乾拭きして元に戻してください。

ドアのゴムパッキンは綿棒を使って溝の間までしっかり綺麗にしましょう。

野菜室や冷凍庫の容器はそのまま取り外してお風呂場でジャブジャブ丸洗いした方が早いかもしれません。製氷皿、アルミトレイなど取り外せる物を同じように取り外して重曹水につけ置きしておきましょう。容器を洗い終わったら、つけ置きした物を綺麗に洗った後で乾拭きして元に戻します。

中の掃除が終わったら仕上げにアルコールスプレーを塗布しておきましょう。

次は冷蔵庫の外側です。特に念入りに拭きたいところ、汚れているところはドアの取っ手です。念入りに拭きましょう。マイクロファイバー雑巾を使うと手早く綺麗にすることができます。そして、見えない分忘れそうですが、意外と汚れるのが冷蔵庫の上部です。脚立などを用意して目で確認しながらしっかり拭いてください。

最後に冷蔵庫本体と床の間にあるカバーを外して、中の床を掃除します。すきま棒やすきまブラシがあると便利ですね。カバーもしっかり重曹水で洗ってください。

掃除が終わったら冷蔵庫のコンセントをさしましょう。重曹を使って洗い、アルコールで除菌することで気になる冷蔵庫の中の匂いもなくなります。

日頃こまめなケアをしたいのですが、後回しになりがちな冷蔵庫の掃除。食品を保管するところだからこそ、いつでも清潔を心がけたいですね。