トイレにはクエン酸!壁・床・便器 全部クエン酸だけでOK

トイレにはクエン酸!壁・床・便器 全部クエン酸だけでOK

毎日のケアが何より大事!

家の中で一番不潔になりやすいのがトイレですね。綺麗なトイレの方が気持ちよいと思うのは誰だって同じですが、トイレの掃除が一番嫌いという人もまた多いのが現実です。でも、トイレの掃除をサボっていると汚れはどんどん落ちにくくなり黄ばみや匂いの原因になってしまいます。

毎日少しずつでも掃除したいトイレですが、トイレ掃除に特別な掃除用具は必要ありません。100均でも十分揃います。掃除用具も清潔に保ちたいからこそ、安いものを購入してこまめに買い換えるのも良いでしょう。

トイレ掃除に必要な物は、まずクエン酸、スプレーボトル、トイレットペーパー、ブラシです。クエン酸は水200ccに対してクエン酸5g(小さじ1)を目安にして作ってください。トイレットペーパーとブラシはトイレに常備してあると思いますので、あとはクエン酸やクエン酸水を入れるスプレーボトルを用意するだけです。もちろんどちらも100均で入手することができます。その他に、牛乳パックなどがあれば、カードくらいの大きさに切った物を何枚か用意しておいてください。100均の商品で代用するのであればスクレーパーやすきまブラシ、歯ブラシなどがいいと思いますができれば使い捨てられるものを用意していただきたいと思います。

トイレの簡単な掃除方法とは?

トイレ掃除の下準備として便器をクエン酸パックします。同居人がおられる方は、このクエン酸パックをする前に必ず先にトイレに行ってもらいましょう。便器の内側にトイレットペーパーを隙間なく垂らしていきます。そのトイレットペーパーにたっぷりクエン酸水を吹き付けましょう。

このまましばらく放置します。放置している間にトイレマットや便座カバーの交換と洗濯、便器の外側や壁、床の掃除をしましょう。

意外と汚れていると言われるのが壁。トイレの壁の汚れの原因も尿の飛び散りです。床への尿の飛び散りのケアはこまめにしている人が多いのですが、壁への尿の飛び散りのケアを怠りがちな人が多いようですね。雑巾にクエン酸水を含ませて、しっかり拭き掃除しましょう。

壁の拭き掃除が終わったら次は床の掃除をします。当然ながら壁よりも床の方が汚れています。床の汚れの原因は尿の飛び散りの他にも、髪の毛やほこりなどがあります。毎日掃除していないトイレはこの髪の毛やほこりに尿がつき、またその上に髪の毛やほこりがつもっていきます。匂いの大きな原因にもなりますね。

次は便器と床の間です。便器と床の間にはちょうど牛乳パックやスクレーパーが入るくらいのすきまがある場合があります。家のトイレにこのすきまがある場合は牛乳パックをカード状に切ったものを差し込んで中の汚れを掻き出すようにしてください。すると尿がヘドロのようになったものが出てくると思います。しっかり取り除きましょう。

その次は乾いたトイレットペーパーで床のすみずみまで髪の毛やほこりをとっていきましょう。ゴミを取り除いたら拭き掃除です。壁と同じように雑巾にクエン酸水を含ませてしっかり拭き掃除してください。このとき注意したいのは床に置いてあるサニタリーボックスや掃除用具入れです。これらも同じように飛び散った尿が付着しています。しっかり拭いて綺麗にしましょう。また、これらが置いてあった床もしっかり拭いてください。

最後は便器です。まず便器の外側を綺麗に拭きます。そして仕上げにクエン酸パックしていたトイレットペーパーを流してから再度クエン酸水を吹きつけ、トイレブラシで綺麗に便器の内側の擦り磨きをしましょう。

清潔なトイレは気持ちが良いですね。いつも綺麗なトイレを使えるようがんばりましょう。