パソコン掃除の基本はホコリ取り!コツは極細繊維とエアブラシ

パソコン掃除の基本はホコリ取り!コツは極細繊維とエアブラシ

ほこりが故障の原因に!

パソコンはすぐほこりがたまります。この原因は皆さんご存知のようにパソコンから出る静電気なんですが、このほこり、見た目に汚いたけでなく、パソコンの内側に入ってしまうと故障の原因になることもあります。最近パソコンの音が大きいと思うことはありませんか?これもほこりが内側に入ったことが原因となっていることも。

しっかり掃除したいのですがパソコンは精密機械。水洗いするわけにはいきません。でも乾拭きするだけではほこりを舞い上げるだけになってしまい、結局元に戻ってしまいます。

そこで100均で購入できるパソコン掃除の強い味方ですが、キーボードの掃除ならブロワーがお勧めです。同じようにほこりを吹き飛ばす物としてはスプレータイプのエアダスターもあります。また、キーボードの掃除用具としてエアブラシも販売されているのですが、これは個人的にあまり使用感がよくなかったのでお勧めはしません。そして画面を拭くためのマイクロファイバータオルやめがね拭き、キーボードの汚れを落とすためにはアルコールが入ったウエットシートや除菌シートが良いでしょう。キーボードもスマホの画面などと同様とても汚れています。

また、最近キーボードの上に乗せるだけでほこりやゴミをとってくれるサイバークリーンというスライムも販売されているようですが、残念ながら今のところ大手100均での類似品などの取り扱いは確認できませんでした。

またネットをみていると、結構、皆さんパソコン掃除をするとき、パソコンを分解されていますね。でも、あれは専門知識があってこそと思います。自信がある方、知識がある方は分解して掃除するのが一番かもしれませんが、自信や知識がない人は分解はしないようにした方が無難です。また、ノートパソコンの分解はやめましょう。

パソコンの簡単な掃除方法とは?

分解しないので、基本はほこり取りのみです。道具さえあれば簡単に綺麗にすることができます。まずは画面から拭いていきましょう。濡らして固くしぼった雑巾やダスターで拭いても良いと思いますが、使いまわした雑巾を使用する場合は画面に油膜が残ることがありますし、傷の原因になることもあります。またティッシュも柔らかく感じるのですがティッシュでの乾拭きは画面に傷が入ることがあります。画面拭きはマイクロファイバータオルやめがね拭きなど繊維の細いもので行なう方が良いですね。

次にキーボードの掃除です。主にノートパソコンのキーボードはパンタグラフ構造になっていて、歯間ブラシなどでほこりを取っているとキートップが外れることもありますので、ブロワーやエアダスターでほこりを吹き飛ばすようにした方が安全です。でも、パンタグラフ構造のキーボードって、横から覗いてみると分かるのですが、キートップの下にほこりがよく詰まります。こまめに吹き飛ばすか、細心の注意を払いながらほこりを掻き出すようにしましょう。

先ほど少し触れたのですが、掃除をしないキーボードは便器の5倍汚いという統計も出ています。キーボードの拭き掃除はメラミンスポンジや除菌シート、アルコールの入ったウエットシートで定期的に綺麗にするようにしましょう。もちろんキーボードの拭き掃除はシャットダウン後にしてくださいね。

綺麗な画面やキーボードは気持ちが良いですし、作業もはかどるような気がしますね。皆さんもこまめに掃除しましょう。