ソファーの材質別簡単掃除方法 正しいお手入れで長持ちさせる

ソファーの材質別簡単掃除方法 正しいお手入れで長持ちさせる

水洗いが難しいソファーを綺麗にしたい

気に入って選んだソファー。できるだけ長く使いたいですね。ほんの少しのお手入れでソファーの寿命が長くなるとしたら?あなたのソファーにはどんなお手入れが必要なのか、ソファーのお手入れに使える100均グッズなど種類別にお教えします。

まずどのソファーにも言えることですが同じところに座り続けず、色んなところに座るようにしましょう。同じ場所に座り続けるとその部分の布地が痛んでしまい、劣化が早くなってしまいます。

布製ソファーのお手入れ方法

必要なのは掃除機。100均でも購入可能な細いすきまノズルがあると便利です。すきまにたまりがちなほこりやゴミをしっかり吸い取ってくれます。何かをこぼしてしまったときは早めに対処することが重要。時間が経てば経つほど汚れは落ちにくくなります。同じく100均で購入可能な応急染み抜きがあると便利ですね。また血液などのたんぱく質汚れにはセスキ炭酸ソーダが効きます。

カバーリングソファーと言われる、カバーがかかっているソファーは汚れてもカバーを洗うだけでいいので便利ですが、家の洗濯機での丸洗いは避けてください。布が縮んだり変形してソファーに入らなくなります。これはクリーニングに出すほうが無難です。私は「丸洗いOK」の表示があるカバーを2度変形させたことがあります。

合皮ソファーのお手入れ方法

日頃のお手入れとしてはすきまに入り込んだゴミやほこりを掃除機で吸い取ったり、布で乾拭きをしてください。汚れは劣化を早める原因となることがあります。飲み物などをこぼしてしまった場合はしっかり水分を拭き取った後で薄めた中性洗剤で拭きましょう。100均ではキャンドゥやワッツでハーバルスリーという中性洗剤の取り扱いがあります。また合皮専用のお手入れスプレーもありますが、これは今のところ100均での取り扱いはないようです。

合皮のソファーは劣化すると表面が剥げてボロボロになってしまいます。こうなったら元には戻せません。なるべく劣化させないために日々のケアを大切にしましょう。

本皮ソファーのお手入れ方法(クロムなめし)

柔らかい布で乾拭きするくらいで、普段のお手入れはそんなに必要ありませんが半年に一度くらいレザーファニチャーを塗ってあげるとより長持ちします。ファニチャークリームはソファーの表面に目に見えない薄い膜を作ることで、汚れからソファーを守ってくれます。革製品に塗るクリームには、靴に塗るクリームや野球のグローブなどに塗るクリームなどもありますが、ソファーには必ずレザーファニチャーを使うようにしましょう。

直射日光は変色や変形の原因になることもありますし、暖房器具を近くに配置してしまうと、皮は熱に弱いので変形の原因になることもあります。もし飲み物など水分をこぼしてしまった場合は急いで乾いた布で拭き取りましょう。

木の部分のお手入れ方法

基本は柔らかい布での乾拭きです。木に水分をつけないようにしましょう。また、コップなどを置くときは必ずコースターを使ってください。直接置くと輪ジミの原因となります。一番大切なのは汚れてしまったときにすぐ対応することです。気をつけたいのは、汚れてしまったときに洗剤をむやみに使うこと。シミができてしまいます。ワックスやマイクロファイバーの使用も避けた方が無難です。

まとめ

一口にソファーと言ってもたくさんの種類があり、お手入れ方法も違ってきます。正しいお手入れをして綺麗な状態で長持ちさせてあげましょう。