電子レンジ掃除のコツは水蒸気と重曹!待つだけで簡単綺麗

電子レンジ掃除のコツは水蒸気と重曹!待つだけで簡単綺麗

意外と汚れる電子レンジの中の掃除は?

電子レンジの中の掃除、こまめにやっていますか?電子レンジの中の汚れは飛び散った油汚れやこぼれた食品汚れがほとんど。毎回きちんと拭き掃除を行っていればそこまで汚れることもないのですが、次まとめてやろうと思っているうちにいつの間にか汚れが固まってしまい、落ちなくなってしまいます。

ターンテーブルがあるレンジは、とりあえずターンテーブルだけでも取り出して洗うことができるのでその場しのぎはできるのですが、このタイプのレンジはターンテーブルの下、回転軸の周りに回転ローラーがついていてここが汚れるととても掃除がしづらいのが難点。反対にターンテーブルがないレンジはお手入れは簡単ですが、日頃のお手入れを怠るとすぐに落ちにくい汚れだらけになってしまいます。

そこで今日はそんな電子レンジの中の汚れを一旦リセット。綺麗になったら次からはこまめなケアをしよう!ということで簡単な電子レンジの掃除方法をご紹介します。

用意していただきたいのは、重曹と重曹水を入れるためのスプレーボトル、それに火傷や手荒れを防止するためのゴム手袋くらいです。もちろん100均で入手可能。食品を温める機械なので洗剤はなるべく人体への影響が少ない物を選びました。

電子レンジの簡単な掃除方法とは?

まず始めに重曹水を作ります。水200ccに対して重曹10g(小さじ2)を目安にして混ぜてください。重曹水を耐熱容器に入れて2~3分加熱しましょう。我が家では大きなボールに重曹水をたっぷり作って加熱するので加熱時間は長めにしています。加熱しているうちに電子レンジの中は水蒸気が充満します。加熱が終わってもそのまま放置してください。水蒸気で汚れを浮かせるためでもありますが、加熱が終わってすぐはレンジの中も重曹水も非常に高温になっているので火傷のおそれがあるためです。

30分を目安に放置したあとで、ドアを開け中の拭き掃除をしましょう。このままの状態でも汚れは十分柔らかくなっていて落ちやすいと思いますが、それでも落ちない頑固な汚れには重曹水を吹きかけてしっかり拭きあげましょう。あまりにも汚れが落ちないとワイヤーブラシなどでゴシゴシしたくなりますが、傷や故障の原因になりますので拭くだけにしておいてください。

今回は汚れがひどい場合の掃除方法をご紹介しましたが、日頃のレンジのケアやそこまで汚れがひどくない場合は濡らしたタオルを2~3分加熱して同じように水蒸気で汚れを浮かせて、加熱したタオルで拭きあげるという掃除方法もあります。こちらの方が簡単ですが、この掃除方法で一番注意したいのは高温になったタオルでの火傷。思っているよりも熱くなっていますのでご注意ください。

中の掃除が終わったら外側の掃除は簡単です。外側の汚れも基本は油汚れですが、レンジに直接重曹水を吹きかけず、重曹水に浸したタオルでしっかり拭きあげるようにしましょう。裏面や側面にある放熱穴や排気口のほこりもしっかり落としてください。

むやみに擦って汚れを落とすやり方で掃除をすると、時間も体力も大幅にムダにすることになる電子レンジの掃除。やり方を覚えれば少々掃除をサボっても苦労せずに綺麗にすることができますね。皆さんも電子レンジの掃除、やってみてください。