窓ガラス・サッシの掃除は順番が命!効率良く綺麗にする方法

窓ガラス・サッシの掃除は順番が命!効率良く綺麗にする方法

ガラスやサッシが綺麗だと家の中が明るくなる!

汚れたガラスは外からの光を通しにくくなるので、家の中が暗く感じられることがあります。ですので窓ガラスや吐き出し窓はいつも綺麗にしておきたい場所です。ですが不思議なことにガラスだけが綺麗でもそこまで明るく感じないもの。ガラスと一緒にサッシ全体を綺麗にすることで、初めて綺麗に明るく見えるんです。

今日は効率的なサッシとガラスの掃除方法をご紹介させていただきます。用意していただきたいのがサッシの溝掃除には、ほうき(掃除機)、ダイソーで販売されている「自由に使える、3wayサッシブラシ ペットボトルに取り付けてどこでも水洗い」などサッシの溝掃除道具、使用済みのペットボトル。

窓ガラスとサッシ拭きには、ダイソーの2way式ウインドウワイパー(ない場合はスポンジとスクレイパーでOKです)。マイクロファイバータオル、ダイヤモンドパフやダイヤモンドクリーナー、重曹、スプレーボトル。

いずれも100均で入手可能です。

窓ガラス・サッシの簡単な掃除方法とは?

高いところから掃除するのは掃除の基本ですが、サッシやガラスを洗う前に、サッシの溝の土をほうきや掃除機で取り除いておきましょう。土に水分が混ざると掃除がしづらくなります。

サッシの溝の土を取り除いたら、次はサッシの拭き掃除です。タバコのヤニ汚れや油汚れが気になるときは、重曹水で綺麗に拭きましょう。重曹水は水200ccに対して重曹が10g(小さじ2)を目安にしてください。サッシに重曹水を拭きかけてマイクロファイバータオルで綺麗に拭いてください。

サッシの掃除の次は窓ガラスの掃除をしましょう。汚れがひどいときはガラスクリーナーも使ってください。まずスポンジに水を含ませて上から下に滑らせるように移動させます。全体的にスポンジを移動させたら、次は反対側についているスクレイパーで上から下に水を切っていきましょう。内側が終わったら外側も同じように洗います。たったこれだけでガラスは見違えるように綺麗になります。特に外側の水垢のこびりつきは落ちにくいのでダイヤモンドパフやダイヤモンドクリーナーでしっかり落としてください。

最後にサッシの溝を掃除します。すでにガラスを掃除した水分が流れてきてサッシの溝は水浸しになっていると思います。ここで水を入れたペットボトルの先に3wayサッシブラシをつけてください。そしてサッシの溝を洗っていきます。必要に応じて水を流しながら洗っていきましょう。

最後にペットボトルの先をつけかえて水で洗い流していきましょう。これでガラスやサッシ、サッシの溝の掃除の完成です。

今回私が使用した2way式ウインドウワイパーは柄を伸ばすことで75cmになりますが伸ばさずにも使えますので、掃きだし窓だけでなく普通のガラス窓の掃除にも使えます。普通の窓ガラスも同じように最初にサッシの溝の土を取り除いていくと最後にサッシの溝を掃除するとき楽に綺麗にすることができます。

天気が良ければ一緒にカーテンも洗えると一気に掃除が終わってさっぱりしますね。レースのカーテンも意外と汚れています。洗濯タグを確認して正しく洗ってください。綺麗になることは楽しいことです。サッシやガラスは掃除の効果が分かりやすいところでもありますのでやりがいを感じられると思います。大きなガラスは多少掃除も大変ですが頑張ってくださいね。