壁の落書きは落とせる!油汚れ・ヤニ汚れ・カビ取りの方法

壁の落書きは落とせる!油汚れ・ヤニ汚れ・カビ取りの方法

水拭きOK?乾拭きがいい?壁の汚れケア

皆さんは普段、壁の汚れを気にしていますか?子供の落書き、タバコのヤニや手垢による汚れ、料理の油、カビなど、壁の汚れには実にたくさんの理由があります。

基本は汚れたときにすぐ汚れを落とすこと。ですが手垢やほこり、タバコのヤニ汚れなどは気付いたときには汚れていたという感じなのでケアのタイミングが難しいところです。

綺麗好きで掃除が大好きという方でも、見逃しがちな壁の汚れや後回しにしがちな壁掃除。思い立ったその日にしっかりケアしましょう。今日は汚れ別にケアの方法をご紹介します。

壁の簡単な掃除方法とは?

最初は子供の落書き。用意していただきたいのはメラミンスポンジと小さめのブラシ、クレンザーや歯磨き粉、消しゴムです。ボールペンの汚れはメラミンスポンジや消しゴムで消すことができます。クレヨンはクレンザーや歯磨き粉をつけたブラシで擦って落とします。どちらも強く擦ると壁紙を痛める原因となりますのでご注意ください。また油性ペンの落書きはエタノールを含ませた物をしばらく落書き部分に当てておいてください。擦らずに何度か繰り返して徐々に落としていきましょう。

次は手垢やタバコのヤニ汚れです。用意していただきたいのはセスキ炭酸ソーダとスプレーボトルです。水100ccに対してセスキ炭酸ソーダ0.5gから1gを目安に混ぜて下さい。あとは汚れに直接スプレーしながら柔らかい布を使って拭きます。タバコのヤニと手垢はこれだけで綺麗になりますが、セスキ炭酸ソーダ水を壁にスプレーしすぎると、壁紙を痛める原因となりますのでご注意ください。

そして料理の油汚れ。用意していただきたいのは手垢やタバコのヤニと同じくセスキ炭酸ソーダとスプレーボトルです。セスキ炭酸ソーダ水の作り方も手垢やタバコのヤニ汚れの項目を参考にしてください。油汚れの落とし方も同じく汚れに直接スプレーして拭きあげるだけ。油汚れには食器用洗剤をお勧めしているサイトもあるようですが、個人的な感想としては、汚れが落ちないばかりか壁を変色させてしまったことがあるのでお勧めできません。レンジフードなどアルミなどの部分の汚れは食器用洗剤でも良いと思いますが、壁紙に食器用洗剤は控えた方が無難だと思います。

最後にカビ。個人的には一番厄介な汚れだと思います。カビキラーのような塩素系の洗剤は壁紙には使用しないでください。用意していただきたいのは酢かエタノール、そして重曹、スプレーボトルです。酢ならわざわざ購入しなくてもほとんどの家庭にあるのではないでしょうか。まず始めに重曹水を作ります。水200ccに対して重曹10g(小さじ2)を目安に混ぜて下さい。次に酢(またはエタノール)を含ませた布でカビを擦ります。カビが落ちたら仕上げに重曹水をスプレーしましょう。酢やエタノールがカビを殺して、重曹水がカビの餌を分解してくれます。

ここまでにご紹介した用意していただきたい物はエタノール以外は100均で購入することができますので常備しておくと、特に落書きなど突発的な汚れにも対応できて安心ですね。普段のケアももちろん大切ですが、いざというときのための備えも大切です。特にセスキ炭酸ソーダや重曹は色んな場所の掃除に使えますので購入をお勧めします。これからも壁を綺麗に保ってください。