プロのハウスクリーニングで使う道具 は何が違うのか

プロのハウスクリーニングで使う道具	は何が違うのか

汚れには、アルカリの汚れや酸性の汚れなど種類があります。アルカリと酸性が混じった汚れは、市販のそうじ用品ではなかなか落ちません。

エアコンや洗濯機などのカビも市販の洗剤では、根本までは落とす事が難しいです。

プロのハウスクリーニングで使う道具を調べてみます。

プロが使っている道具はどんなものか

ハウスクリーニングでは、専門業者でないと手に入らないものもあります。しかし、できるだけ、プロが使うものを揃えて置くと自宅てもハウスクリーニングに近づける清掃が出来るようになります。

素人でも用意できるもの

①スポンジ······ハウスクリーニングでは、清掃箇所や素材によってスポンジの素材も使い分けています。

素材を確認しないで、なんでも同じ素材のスポンジで擦ってしまうとどんなに軽く擦ったとしても、傷を付けてしまう
素材を傷つけないように、合わせて使い分けるのがポイントです!

最近人気の水だけで汚れを落としてくれるメラミンスポンジは、素材を傷つけないので便利です。

②各種ブラシ類······ブラシは、ハウスクリーニングの必需品になります。それぞれスタッフが自分の手に馴染んだブラシを複数本持っています。

窓サッシや網戸、浴室などの清掃の時に欠かせないもので、毛の固さや毛足の長さの使い分けをしています。

③金タワシ·金タワシ·粗目パット·細目パット類·······ワイヤーブラシは主に外のタイルや石材で使用します。ステンレスの金タワシは、しつこい油汚れには欠かせませんが、清掃面によって傷をつける恐れがあるのでウールの金タワシを使用します。

④ケレン、ヘラ類·····ケレンやヘラは、ハウスクリーニングの七つ道具のひとつに入ります。ヘラにもいろいろな種類があって使い分けをしています。

⑤スクイジー、スクレパー類·····ハウスクリーニングの時に、ガラスの詐欺業で使用するのがスクイジーとウォッシャーとスクレパーになります。

ガラスに着いたシールなどの粘着部分をキレイに取っていきます。

ハウスクリーニングでは、プロらしく使う道具を清掃する素材で使い分け傷を付けないように工夫しています。

業者でなけば持っていない道具

高圧洗浄機·····エアコンや洗濯機などの清掃に使用します。頑固な汚れやカビを水圧で落とします。高圧洗浄機にはたくさんの種類があり、大きさや場所によって使い分けをします。

ファイバースコープ·····目視での確認が困難な場所に、カメラを入れて汚れが残っていないか隅々まで確認します。エアコンや洗濯機やエプロン内やレンジフードで使用します。

業務用高圧スチームクリーナー······頑固な汚れや焦げ付きやカビ等を落としていきます。高温になるので殺菌効果もあります。クリーニング全般に使用します。

ハウスクリーニングでは、エアコンや洗濯機のカビなど、市販の道具ではなかなか取り切れない汚れをプロの道具を利用して落としていきます。

ハウスクリーニングでは、汚れ箇所の素材や形状に合わせて道具を使い分けているので、素材を傷つけることなく元の美しさに戻していきます。

ハウスクリーニングは道具選びも大切で、道具選びにこだわって仕事をしています。