ハウスクリーニングで洗濯機を蘇らせる!

ハウスクリーニングで洗濯機を蘇らせる!

洗濯機には、見えない洗濯槽の裏側に、洗剤カスやホコリや衣類の繊維が付着していて、汚れをそのままにしているとカビが繁殖してしまいます。

洗濯物に洗濯槽の水垢やカビが付着してしまい、洗濯したのに黒い汚れが着いてしまう事があります。その汚れは、洗濯槽の黒カビです。

洗濯槽のカビや洗剤カスや繊維クズが気になったら洗濯機のハウスクリーニングを頼んでみましょう。洗濯機は、プロのハウスクリーニングですみからすみまでキレイに仕上げる事ができます。

洗濯機をハウスクリーニングを頼むタイミングは

目立った汚れがなぃのに、蓋を開けてしっかり乾燥していても、洗濯機の中からカビの臭いがしてくる時は、すでに、洗濯槽にカビが発生していると言えます。

洗濯機の中がカビ臭い時はハウスクリーニングを頼む時期と言えます。

いつも通りに洗剤の量を使って洗濯していて、ゴミ取りネットを綺麗に掃除しているのに、洗濯物にホコリやゴミが付く時は洗濯槽に汚れが溜まっていたり、洗濯物に黒い汚れが付いている時は、洗濯槽にカビが発生しているサインです。

一般的に、洗濯機の汚れが気になりだしたら、市販の洗濯槽クリーナーを使って、掃除する人が多いですが、市販の洗濯槽クリーナーでは、洗濯槽の裏側までは綺麗にすることは難しいです。定期的に洗濯槽クリーナーを使用しているとしても、表面の汚れを撮っているだけで、洗濯槽の裏側にあるホコリや黒カビまでを取りきる事はできません。

洗濯機のハウスクリーニングの手順

ハウスクリーニングで、洗濯機を清掃する時は、汚れに合わせて洗剤を使い分けています。黒カビなどは、塩素系洗剤、皮脂汚れになどはアルカリ性洗剤を使用します。

まず初めに.分解して洗濯槽を取り出します。目安として時間が30分位です。洗濯機の外側についているネジは、洗濯機を傾けながら、外していくので事前にスペースの確保をしなければなりません。

洗濯槽の底にあるネジは、ネジの頭の穴が変形しないように慎重に外していきます。ネジが完全に外れたら、底の部品と洗濯槽を取り出します。洗濯槽や取り外した部品を洗浄します。

取り出した洗濯槽と部品を浴室で洗う為に、浴室の床や壁を養生します。

塩素系洗剤を使用してカビを落として、アルカリ性洗剤を利用して、皮脂汚れや洗剤のカスなどを落としていきます。

ハウスクリーニングでは、高圧洗浄機を使用して洗濯機の細かい穴や凹凸に入り込んだ汚れを取り除いていきます。

洗濯機の内部にも、洗剤を吹き付けて、スポンジを使って汚れを落としていきます。汚れが落ちたら最後にタオルで拭き取ります。

最後に全体を乾拭きして、試運転をしてサービス完了です。

洗濯機は、ネジ1つ取るのに特殊なドライバーが必要だったりします。ネジの頭の溝をつぶさないように慎重に作業しなければなりません。

部品を破損してしまうと、洗濯機の故障につながってしまいます。専門の知識と豊富な経験のあるブロのハウスクリーニングに任せるのが安心です。

洗濯機の中や洗濯物から嫌な臭いがしたり、洗濯物に黒い点がついていたら、洗濯槽はもう石鹸カスやカビでいっぱいの可能性があります。

ハウスクリーニングを利用して洗濯機を内部から蘇らせます。