ハウスクリーニングではどんな方法でカビ取りをするのか

ハウスクリーニングではどんな方法でカビ取りをするのか

カビは、冷蔵庫、浴槽、部屋の隅、キッチンなど至る所に生えます。カビは、除去方法を間違えると、かえって増殖させてしまいます。

カビを掃除機で吸ったり、雑巾で拭いてしまうと、カビの胞子が部屋中にばらまかれてしまいます。

ハウスクリーニングでは、根本的なカビを除去する事が可能です。ハウスクリーニングのカビの除去方法を調べます。

カビの原因を調べてみる

カビは、酸素があって適度な温度や湿度があって、そこに汚れなどの養分があるとカビの発生する要因になります。20~30度の温度で80%以上の湿度がカビが繁殖する最適な環境と言えます。

しかし、冷蔵庫の中にカビは生えます。カビの中には、マイナス10度でも発生するものがあるために、条件が揃ろえば、冷蔵庫でもカビが発生してしまいます。

ハウスクリーニングの場所別カビ取り方法

浴槽のカビ・・・・ハウスクリーニングでは、浴室の掃除が一番難しいと言われています。

浴室の気になる汚れは、タイルの目地などの黒ずみと排水口まわりなどのピンク色のシミやヌメリです。それらは全てカビです。浴室のカビはぜんそくやアレルギーの原因となってしまいます。

浴室の天井や壁やタイルの目地などに付着する黒ずみは黒カビで、排水口まわりなどに付着するピンク色のシミやヌメリは赤カビです。

ハウスクリーニングでは、カビの種類に合わせて、機材や洗剤を使い分け、カビや水垢等のしつこい汚れを徹底洗浄してくれます。

タイルやゴムパッキンに生えたカビは、キッチンペーパーなどをあてた上からカビ取り専用の洗剤スプレーして放置しておいて、ブラシ等で除去をします。

浴室全体のカビ汚れを除去したら、浴室全体を流水で洗浄成分をよく洗い流します。

洗濯槽のカビ・・・洗濯機の内部は、高温多湿になっていて、洗剤のカスや汚れなどが溜まりやすいのでカビが発生しやすいです。

洗濯槽や部品の裏側など、手の届かない部分にカビが付着しています。ハウスクリーニングでは、洗濯機本体を分解して、市販の洗濯槽クリーナーで落とすことのできない頑固な汚れを徹底的に洗浄します。カビには塩素系洗剤、皮脂汚れにはアルカリ性洗剤と使い分けて洗浄します。

洗濯物から嫌な臭いがしたり、洗濯物に黒い汚れがついていたり、洗濯槽にカビが発生しているサインです。

冷蔵庫のカビ・・・食べ物を保管する冷蔵庫内にもカビは発生します。清潔にしておかなければ食中毒などの被害にあってしまいます。

冷蔵庫内にあるすべての食品類を取り出します。スライドケースなど外せる部品を取り外して、冷蔵庫内部、パッキンを専用の洗剤で徹底的洗浄します。安心安全な洗剤を利用して、プロの手法でパッキンに詰まった汚れを落としていきます。

業者によっては、暗所で湿気の多い環境でも、防カビや消臭や抗菌や防汚効果を長期間キープする「防カビチタンコーティング」を基本作業で行う所があります。

また、冷蔵庫内部、取り外したパーツへBナノ銀コートを塗布する所もあり、カビ対策を行ってくれます。

食べ物の保管をする冷蔵庫なので、ハウスクリーニング業者もエコ洗剤などを利用して、人体に影響のないものを使用しています。

毎日のお手入れをしていても、汚れは日々蓄積されて行きます。カビ臭いがしてきたら、迷わずハウスクリーニングを頼むのが1番です。