窓パーツ別に清掃する!ハウスクリーニングの方法を学ぶ

窓パーツ別に清掃する!ハウスクリーニングの方法を学ぶ

部屋が暗い印象になってしまうは、窓の汚れが原因になっています。

窓の外側と内側の汚れは種類が違う上に、窓には、サッシ部分もあるので、意外と掃除が面倒と思っている人が多いです。ハウスクリーニングの窓の清掃はどのようにしているのでしょう。

窓ガラスの汚れの原因を追求

窓ガラスの内側の汚れ—-窓ガラスの内側は、窓の開け閉めの時に、汚れた手でガラスに触れたり、子供がガラスをペタペタ触ったりするとガラスに手垢が付きます。その手垢に、室内で舞っているホコリやゴミが付着してしまいます。

また、タバコを飲む人がいると、ガラスにタバコのヤニが付きます。そのヤニが接着剤の代わりになって、細いホコリが付着します。付着したホコリがガラスの黄ばみになってしまいます。黄ばんでしまうと落としにくい頑固な汚れになります。

キッチンにある窓ガラスには油汚れがあります。料理をする時に、油を使いますが、油を含んだ水蒸気が飛び散って窓ガラスに付着して油汚れになります。

窓ガラスの外側の汚れ—-空気中には、ホコリや砂や泥、などが含まれていて、風に飛ばされて窓に付着します。雨風が吹くと水や泥も窓ガラスに付着します。

車が出す排気ガスも汚れの原因の一つです。

花粉や黄砂の時期は特にガラスも汚れやすくなりますが、内側の汚れのように、頑固にガラスにこびりつく汚れではないので掃除しやすいですが、汚れを放置しておくと自分では、汚れを綺麗にするのは難しくなります。

そんな時は、ハウスクリーニングに窓の清掃を依頼するのも1つの方法です。

サッシにも土埃などが固まってします。サッシ枠やレールの溝に、水気を含んだ汚れ等が付着するとカビが発生してしまいます。ガラス枠のゴム部分がカビで黒くなってしまうとなかなか落とせません。衛生的にもよくないです。

ハウスクリーニングの窓の清掃方法を取り入れる

窓には、ガラスやサッシ枠や網戸等があるので、細かい汚れを取るにはある程度まとまった時間が必要です。

窓の清掃は湿気がある曇りや雨上がりの日の方が、よこれが浮き出てきます。日中は乾燥しやすいので、拭き跡が残りやすく、光の反射で汚れが見えないので、朝や夕方の方が綺麗にしやしいです。

ハウスクリーニングの窓の清掃方法は、パーツ別に汚れを落としていきます。

汚れの種類があるように、汚れにあった清掃方法をしていきます。窓のクリーニングにスチームなどは利用しません。

網入りガラスなどの場合、外気と内部の温度差がありすきると簡単にガラスは割れてしまいます。

ハウスクリーニングでは、基本外せる物は外して、エコ洗剤などで洗浄します。何年も経っていて、外すことができない網戸などは、ホコリを綺麗に取り払い、エコ洗剤で洗浄します。

パッキン部分・窓枠を洗浄後、専用洗浄液で窓ガラス全体を洗浄します。スクイジーで窓全体の水気を取り除くまで繰り返し、汚れ残りや、拭きむらは乾燥したガラス用マイクロファイバークロスで拭き上げます。室内側も同様の手順で洗浄を行います。

サッシの汚れは、ブラシや小型掃除機を使い、ゴミを出来る限り取り出します。細かな場所は、タオルを使用し汚れを取り除きます。

窓ガラスが綺麗になると部屋の雰囲気が明るくなります。