ハウスクリーニングでサッシの汚れをピカピカに

ハウスクリーニングでサッシの汚れをピカピカに

窓の清掃で意外と厄介なのがサッシの汚れをとる事です。窓はガラスの部分だけでなくサッシ枠にも結構汚れが付いています。

サッシ枠のレール溝部分に汚れが固まっていたり、パッキン部分の黒ずみをなかなか落とせなかったり、意外に清掃するのに苦労します。

ハウスクリーニングのサッシのやり方を見てみます。

サッシの汚れの注意点

サッシの溝の汚れは、泥汚れがほとんどなので、水溶性の汚れになります。その為に強い洗剤は必要ありません。 また、アルミサッシはアルカリ性の強力な洗剤を使用してしまうと曇ってしまいます。

ハウスクリーニングでは、洗剤には十分に気をつけていて、エコ洗剤を利用してサッシの汚れをとる所が多いです。

冬は暖房を利用するので窓が結露してしまいます。結露がひどいと、パッキンや窓ガラスやサッシ部分までカビが発生してしまいます。パッキンに発生したカビは、そのまま放置してしまうと、内部にまで、侵食してしまう為に除去するのが難しくなります。

また、カビの胞子が空気中にどんどん増えてしまい、別の場所でもカビが増殖してしまう事になります。

ハウスクリーニングでは、サッシ上下左右の隅々まで徹底的に汚れを取ってくれます。

また、マンションなどで、サッシまわりの水洗いをする場合、建物の構造をよく理解していないと、階下への漏水を起こす危険もあります。

漏水のような状況にならないように、使用する水は必要最低限に抑えます。

サッシの汚れを落とす方法

まず始めに、サッシのある周辺を汚さない様に養生していきます。カーテンなど濡らさない様に養生するか取り外します。

サッシのレール溝のゴミや砂ボコリをブラシでかき出します。その集めたゴミを掃除機で吸い取ります。

サッシのレールの汚れは、泥汚れなので、始めから水で一気に掃除したくなりますが、乾いた状態で掃除できる部分を先にします。

乾いたホコリを取り除いたら、水と洗剤をを含ませたブラシで溝の汚れを除去していきます。こびりついてしまったヨゴレは、水を吸わせてふやかしてから取るのが効果的です

濡らしてしまったホコリは、掃除機で吸い込んではいけません。漏電を起こしてしまう恐れがあります。

サッシの泥汚れが落ちたら、水が使える時は、ホースを利用して洗い流して、絞った濡れぞうきんでサッシや溝の隅々まで拭き仕上げます。サッシの戸車に油を最後に差します。

洗剤で落ちない汚れがある時は、ベンジーやシンナーなどの溶剤を布に浸して擦り取ります。

サッシに着いている黒い汚れは黒カビです。黒カビが生える場所はパッキンの辺りが多いです。

ハウスクリーニング専用の洗剤をペーパータオルなどに染み込ませて、パッキンの黒カビ部分に貼り付けます。その上からラップなどをかけてしばらく放置してから、磨くとカビもキレイになります。

自分で行う場合は、カビとりハイターでもいいのですが、どうしても臭いがキツイです。しっかり拭き取リをしないと体にも良くありません。

1度拭き取るだけでなくきれいな雑巾で念入りにふき取るようにします。しかし、浸透してしまっている黒カビは市販の洗剤では中々落ちません。

ハウスクリーニングでは、経験と知識を生かして、黒カビに効果的な洗剤を独自に作っているところもあります。