頑固な油汚れはハウスクリーニングで解決!

頑固な油汚れはハウスクリーニングで解決!

レンジフードや換気扇は、特に油汚れが蓄積してしまう場所です。蓄積される油汚れは、固くなり頑固な汚れになってしまいます。頑固な油汚れを綺麗にするには、素人ではかなりの労力が必要になってしまいます。

ハウスクリーニングで頑固な油汚れを解決します。

油汚れが落ちなくなる原因とは

毎日の料理で油を使っていると、空気中に舞い上がった油が、レンジフードや窓ガラスなどに飛び散ります。また、炒めものや揚げ物をすると、ガスコンロの周りに油が飛び散ります。レンジフードやガスコンロや窓ガラスには、毎日料理で使用される油汚れが蓄積されます。

油汚れは、油がはねるはずがないような場所にまで付きます。料理中に気化した油の粒子が舞い上がり周囲に付着するからです。付着したのを知らずに、そのまましているとどんどん蓄積されていきます。

蓄積された油汚れは硬くなって頑固な汚れとなってしまいます。

また、換気扇やレンジフードの汚れは、舞い上がったワタボコリなどを吸い込んでしまうので、頑固な油の塊になり、素人ではなかなかキレイに落とす事ができません。

素人にとって油汚れを落とすのは、気持ち的にも気が重くなり、ストレスにもなってしまいます。

ハウスクリーニングを、定期的に利用している人で、エアコンや換気扇、レンジフードを利用している人の割合は2割以上もいます。自分で、うまく掃除が出来ないと感じている場所が換気扇やレンジフードなどの油汚れのひどい場所になっています。

ハウスクリーニングを利用する人の中で、エアコンや換気扇やレンジフードのポイント的な使い方をしている人が多いのも納得です。

油汚れの落とし方のポイント

換気扇やレンジフードの油汚れや手垢は、酸性の汚れです。酸性の汚れは、時間が経つとベタベタと固まって落としにくくなります。

油が付いたら、すぐに拭き取るようにすればいいのですが、料理の最中では無理があります。油汚れを簡単にきれいに落とす場合は、アルカリ性の洗剤を使用して酸性の油汚れを中和させます。

レンジ周りやレンジフード、換気扇の油汚れの油は、温度が高い方がやわらかくなるので冬よりも夏の方が油汚れを落としやすくなります。気温が低いと油汚れが硬く固まってしまう為に除去するのに時間がかかってしまいます。

重曹やセスキ炭酸ソーダなど、油汚れに効果的な洗剤も気温が高い方が汚れを落とす力が増します。

ハウスクリーニングでも、油汚れがひどい換気扇やレンジフードの汚れには、45~50℃のお湯を利用します。

洗剤を塗布して少しそのまま放置した方が、化学反応を起こして、油汚れを溶かしてくれるので、汚れが取れやすくなります。

汚れのひどいパーツやひどい部分に、洗剤を散布して、最低1分は待ちます。それから、熱めのお湯で絞ったタオルで拭いたり、ブラシをかけます。

コンロの五徳や受皿など頑固な油汚れの場合、20分位はお湯に浸け置きします。

ハウスクリーニングでは、フィルターやカバー部分、レンジフードの内部パーツまで分解して、専用の洗剤で徹底洗浄していきます。

レンジフードがキレイになると、見た目はもちろん換気能力がアップし臭いの解消にもつながり、電気の消費も少なくて済みます。