ハウスクリーニングでは服装が大切

ハウスクリーニングでは服装が大切

ハウスクリーニングの料金や作業内容を比べてみると、そんなに大きな違いはありません。どここに頼んでよいか悩んだ時に、第一印象は大切です。

作業をやる前から、作業着やタオルが汚れているとお客様は不快感を覚えてしまいます。

お客様相手なので、服装にも気を使わなければなりません。

ハウスクリーニングに適した服装と身だしなみ

ユニフォームは会社の顔になります。清潔なユニフォームは、会社のイメージアップに繋がります。

第一印象印象は大切です。髪の毛は常に清潔にしておきます。髪の毛からフケなどが落ちてしまうと、逆に部屋を不潔にしてしまいます。髪を染めてもいいですが、落ち着いた色にします。

ハウスクリーニングの人には、エプロンは欠かせません。デザイン重視で選んでしまうと、掃除がしにくく要領が悪くなってしまう恐れがあるので、できるだけ動きやすい物を選びます。

エプロンは、服に汚れがつかないようにするだけでなく、ポケットに洗剤など清掃道具をしまって置くことができます。

男性の場合、上着はきちんとスボンの中に入れます。外に出ているとだらしない印象を与えてしまうので、きちんとズボンの中にしまいます。ベルトは着用します。

ズボンの裾は、折り曲げたりしないで、自分にあった長さのものを着用します。折り曲げたり、裾が長すぎるズボンは、何かにひっかけて転倒してしまったり、バケツや道具などをひっかけて、倒してしまう恐れがあります。裾を踏んで思わぬ事故に繋がる危険性があります。

靴下は、汚れの目立ちにくいもや原色を避けます。靴は脱ぎ履きしやすいものを選びます。

下着が透けないような作業着を選ぶようにします。作業をしていて、汗をかいてしまうと下着が透けてしまいます。周りにいる人に不快な思いをさせてしまうことがあります。

女性は、ナチュラルメイクを心がけます。アクセサリは、外れてしまったり、部材の中に紛れ込んだりして、事故の元になるので付けないようにします。

お客様に安心して、ハウスクリーニングを任せてもらうには、スタッフのマナーやモラルや身だしなみが大切です。

汚れた服装のままお客様の自宅を訪問するのはタブーです。服装は清潔なものを着用します。

ハウスクリーニングでは、夏でも長袖のシャツを着用します。シンナーや塩酸などの強力な薬剤を汚れに応じて、使う事がある為に、肌にかかることを防止する為です。

服装を完璧してリピート率を上げると

ハウスクリーニングで人気がある場所は、家庭では、分解をして作業する事が難しい、エアコンや浴槽や洗濯機などのポイント清掃や油汚れをなかなか落とす事が難しいレンジフードや換気扇なども人気があります。

ハウスクリーニングでは、分解して、手の届かない細かい部分も徹底的に作業して、汚れを落としていき、ベトベトに固まってしまった油汚れも短時間でキレイにしてくれます。

ハウスクリーニングの作業は、毎年ではなくとも何年かに1度の定期的メンテナンスを行えう事で、いつまでも清潔で心地よい環境を保つ事が出来るようになります。

ハウスクリーニングをした後は、清掃も楽になります。

第一印象や作業の印象が良いハウスクリーニングはリピート率が高くなるので、身だしなみとマナーの整ったハウスクリーニングを目指している業者が多いです。