ハウスクリーニングは赤ちゃんとママに優しいサービス

ハウスクリーニングは赤ちゃんとママに優しいサービス

マタニティブルーで気分が沈みがちになってしまうママさんでも、ハウスクリーニングで赤ちゃんの為に、部屋を綺麗にしたいと思っている人はいます。

生まれてきた赤ちゃんのために、ハウスクリーニングでキレイにしたいと思ったいるプレママは多いです。

赤ちゃんのためハウスクリーニング

赤ちゃんが生まれて、初めてハウスクリーニングを利用する夫婦は多いです。一番多いのはお風呂と言います。

マメに毎日掃除していても、何故か汚れが蓄積してしまう浴槽の清掃は、妊娠中ではとても辛いものがあります。

ハウスクリーニングで、赤ちゃんのためのプランでは、油汚れや水アカなど、汚れが溜まりがちなキッチンやカビや石鹸カスが気になる浴槽や洗面ボウルの黒ずみや鏡のくすみが気になる洗面所やトイレの便器などの水周りを徹底的に綺麗にしてくれます。

また、ベビーベットやそのまわり、ソファや床のホコリもスッキリ掃除してくれます。

また、赤ちゃんがいると気になるのが、エアコンの汚れです。エアコンをつけた時に嫌な臭いがしたり、効きが悪いと感じる時に、そのままに使用していると、健康面に影響が出てしまうので、赤ちゃんがいる時は、気をつけなければなりません。

生まれたての赤ちゃんは、抵抗力がないので、とてもデリケートです。赤ちゃんを、カビやハウスダストや雑菌などがない部屋に迎えるように、ハウスクリーニングを1度試してみるのもオススメです。

赤ちゃんに優しい洗剤を使う

掃除の際に使う洗剤の多くには化学薬品が使われているのがほとんどです。使い方を正しく使用して、拭き取りをきちんとすれば、人体に害はないと書かれていても、小さな赤ちゃんがいる家庭では気になってしまいます。

ハウスクリーニングでは、ナチュラルクリーニングと言われる掃除方法を取っているところがあります。

ナチュラルクリーニングは、昔からある重曹やクエン酸などを利用して、化学薬品を使用しない素材の物を使用して汚れを綺麗にしていきます。

重曹は、昔からふくらし粉として料理に利用されているもので、生ゴミなどの脱臭などにも使われています。

重曹は弱アルカリ性の洗剤になるので、換気扇やコンロなど油汚れを落とすのに効果的です。

水100mlに対して、重曹小さじ1杯を溶かして、油汚れの部分にスプレーしたり、重曹と水を2:1の割合で混ぜてペースト状のものを、油汚れの上から塗っていき、そのまま少し時間を開けてから、磨いていくと効率良く油汚れを落とすことができます。

重曹とクエン酸水を混ぜる事で、炭酸ガスを発生します。発泡作用を利用して、排水溝などのぬめりを取り除いていきます。

排気口に重曹を振りかけた後、クエン酸水をかけます。そのまま数分放置すると、発泡作用で汚れが浮き上がってきます。浮き上がってきた汚れを水で流します。

重曹とクエン酸は調味料として使われます。もし口に入ったとしても安全です。赤ちゃんが、手で触れてしまって、なめてしまったとしても、市販の洗剤よりも安全です。

ハウスクリーニングのナチュラルクリーニングを実施することで、赤ちゃんがいる家庭でも安心して貰えます。

また、肌にもやさしいので、アトピー性皮膚炎や、洗い物による手荒れなどで悩んでいる人にも安心して使用してもらえます。