ハウスクリーニングの内訳をきちんと把握する事が大事

ハウスクリーニングの内訳をきちんと把握する事が大事

ハウスクリーニングを頼もうとした時に、数あるハウスクリーニング業者の何処に頼んだらいいのか悩んでしまいます。

ハウスクリーニングの基本料金に含まれる内容もマチマチなので内訳をきちんと確認してから業者を選ばなければなりません。

ハウスクリーニングの相場を知る

ハウスクリーニングは、全国展開している大手メーカーから地元の中小企業まで様々な企業が行っています。

知名度の高い会社は、規模の大きな会社が多く、人件費など清掃以外にかかるコストが大きいです。

接客が丁寧で品質が安定していますが、ルールがきっちり決まっているので、融通はききにくい所もあります。

個人経営では、サービスマンと直接話ができて、希望を伝えやすく、かなり柔軟に対応してもらえる印象を受けます。

基本料金内の掃除の内容は、各社とも大きな違いはありません。一般的なハウスクリーニングの相場と内訳を見てみます。

汚れが気になる場所の人気の高い場所別クリーニングの相場

キッチン:12,000円~20,000円

食洗機やオーブンレンジの内部は別途料金になる業者が多いです。

レンジフード:11,500円~12,500円

レンジフードを分解して清掃します。

浴室:12,000円~18,000円

浴室の浴槽やかべ床や天井や換気口や排水口
の洗浄します。

浴室にある小物や浴槽内部の高圧洗浄やフッ素コーティングは、業者によってオプションになる場合があります。

トイレ:6,000円~9,000円

便器やタンクの洗浄や便座とウォッシュレトの分解洗浄や換気口の清掃をします。

除菌消毒は基本料に入っている業者とオプションになる業者があります。

洗面所:7,500円~10,000円

エアコン:8,000円~9,000円
お掃除機能付きエアコン:13,500円~15,500円

エアコンはフィルター掃除のほかに、内部の臭いやカビの除去なども含まれている金額になります。

汚れ具合などで値段は若干変化します。

ハウスクリーニングを利用する時は、内訳をきちんと提出できる業者が信頼できます。オプションになるのか、基本料に含まれるのか内訳を見ないと分からない所はたくさんあります。

ハウスクリーニングの見積は、複数から取るのが基本です。

退去時には必ず必要な内訳

ハウスクリーニングで、トラブルになりやすいのが、退去時のハウスクリーニングの費用です。

退去時には、ハウスクリーニングをする時が多いです。ハウスクリーニングの費用を敷金から引く業者がほとんどです。

敷金が戻ってくる事はほとんどありません。逆に追加料金が請求されることさえあります。

しかし、退去時は、借主だけの責任ではなく、貸主が修理しなければならないものもあります。

自分の責任でない内容についても請求されている恐れがあるので、退去時のハウスクリーニングでは、内訳をきちんと提示してもらうようにします。

特に、請求書などに「ハウスクリーニング費用 一式」などと曖昧に書かれてい他場合は、内訳が分かるものを要求するべきです。

基本料金表より、かなり高い金額を請求された時は、きちんと内訳を提示してもらうようにします。

退去時でも、換気扇や浴室、キッチンなどの専門清掃の他に、玄関やお部屋まわりなどの家中の全体的な簡易清掃も行います。