ロボット掃除機ランキング

ロボット掃除機ランキング

掃除機名・メーカー名
アイロボット ルンバ980        参考流通価格:113000円
シャープ ココロボ RX-V95A-N     参考流通価格:49411円
パナソニック RULO(ルーロ)MC-RS200 参考流通価格:70680円
東芝 トルネオロボ VC-RV2       参考流通価格:52380円
ダイソン 360Eyeロボット掃除機    参考流通価格:111593円

●掃除方法に違いがあるロボット掃除機

「ロボット掃除機」は、移動経路の違いにより、2種類に分けられます。ランダムナビゲーション型(自由走行型)は、ランダムに部屋中を動き回り掃除するもので、いくつかの行動パターンを組み合わせることでランダム移動しています。長所としては、掃除中に同じ場所を複数回角度を変えて通ることで、ゴミを取り残しにくい点です。短所は同じ場所を何度も通過する方式のため、広範囲の掃除に向かない点です。システムナビゲーション型(マッピング型)は、室内で平行移動を繰り返して、内蔵のコンピュータが室内をマッピング(地図化)と現在位置の記録をし、同じ場所を可能な限り2度通らないように掃除するものです。長所としては重複して通る場所が少なく、掃除を早く終えることができ、広い面積の掃除が可能な点です。短所は原則1度通過するだけなので、清掃力が低い点です。このロボット掃除機の人気1~5位までを挙げてみます。

●1位「アイロボット ルンバ980」

搭載されたカメラとフロアトラッキングセンサーなどで、部屋のどこがまだ未清掃かを高精度に判断し、フロア全体をナビゲーションしながら掃除します。清掃可能面積は最大112畳で、入り組んだ廊下や家具の下まで清掃します。特殊素材のローラーでゴミを浮き上がらせ、ハイパワーモーターがルンバ内部に真空状態を作り、フローリングやカーペットの髪の毛などのハウスダストを取り除きます。

●2位「シャープ ココロボ RX-V95A-N」

会話や音声操作できる「ココロエンジン」搭載したロボット掃除機です。強力な吸じん力に、走行プログラムセンサーの「縦横無じんシステム」がプラスされ、「首振り走行」「エアーすみブラシ」で、しっかりと掃除します。「くるりん走行」できめ細かく「8の字走行」で集中的に掃除します。またプラズマクラスターシャワーモードにすれば、プラズマクラスターイオンを放出します。

●3位「パナソニック RULO(ルーロ)MC-RS200」

三角形状で、部屋の隅まで入り込んで掃除するロボット掃除機です。壁際・隅に強い「ラウンド&ランダム走行」し、本体が左右に首振りサイドブラシでしっかりとゴミをかき出します。「ハウスダスト発見センサー」が約20μmの微細なハウスダストまで検知します。「床面検知センサー」が赤外線を駆使し床面を見分け、パワーやブラシの回転を自動制御し、最適な運転をします。

●4位「東芝 トルネオロボ VC-RV2」

取り残しやすいゴミまで取り除き、面倒なゴミ捨てが全自動のロボット掃除機です。壁ぎわや隅までブラシが届き、壁ぎわのゴミはゆっくり丁寧に、隅のゴミは念入りに取り除きます。強い吸引力で、じゅうたんに絡まった綿ホコリや、フローリングの微細なチリなどもしっかりと取り除きます。充電時間は5時間で、最大運転可能時間は60分です。

●5位「ダイソン 360Eyeロボット掃除機」

ベルト駆動式転輪が速度と進行コースを維持し、様々な床面を円滑に走行するロボット掃除機です。自動充電機能を搭載しています。規則正しい掃除経路を計算し、掃除が終わった場所や、未掃除の場所をしっかり把握します。先進のフィルターが、微細なホコリやアレルゲンを捕らえ、部屋の空気よりもきれいな空気を排出します。静音モードがあり、通常モードよりも最大35%静かに掃除をします。

●まとめ・住宅環境に合わせて選択

日本の標準的な清掃可能面積は25~30畳。これを超える広い面積を掃除することは、まずないので、システムナビゲーション型は少ないようです。世界の家庭用ロボット掃除機で圧倒的なシェアを誇る米・アイロボット社、ダイソン社などの海外メーカーのものは、システムナビゲーション型が多く見られます。海外製のロボット掃除機は運転音が大きいとされます。ダイソンやネイト、コーボルトでは、吸引力を高めに設定しているので、運転音がうるさいとされていますが、吸引力が高いとまで言えないようです。また日本製に多いランダムナビゲーション型ですが、その中でも内蔵プログラムのレベルによって、さらに3種類に分けられます。高知能型は、プログラムが高機能で主に3万円以上で国内外を問わずの有名メーカー製のものばかりです。低知能型は、通常のプログラム性能で1万円~2万円程度の製品で、中国企業のOEM品などに多く見られます。単純ランダム型は、ただランダムに動くか、壁に衝突した際に方向を変えてランダムに動くものをさします。住宅事情に合わせて選びたいものです。