掃除機の吸引力ランキング

掃除機の吸引力ランキング

掃除機名・メーカー名
東芝 トルネオV VC-SG512      参考流通価格:29800円
日立 コードレススティッククリーナー PV-BC500  参考流通価格:35511円
ダイソン モーターヘッド DC63COM    参考流通価格:56977円
日立 パワーブーストサイクロン PV-BD700-N  参考流通価格:47049円
ミーレ CompactC2 ホームケアスペシャリスト SDCO0NB  参考流通価格:49813円

●吸引力と吸込仕事率には違いがある

国産メーカーの掃除機では、吸込仕事率680W以上のものもありますが、600Wもあれば、吸込仕事率はかなり高いと言えます。しかし、ヘッド性能もかなり影響しますので、一概に吸込仕事率が良いからゴミを良く吸うとは言いきれないようです。それでも吸込仕事率が高ければ、一度に多くの空気を吸えることは間違いありません。吸込仕事率が低いのに吸引力が強いとされる掃除機は、たいていホースが細かったり、吸入口を絞ってあるなどの工夫をしているはずです。すき間ノズルでも、吸込仕事率の差が出ることがあります。そのため、すき間ノズル使用時にも吸引力に満足感を得たい場合、吸込仕事率の高い機種を選んだ方が良さそうです。またメーカーによっては運転音に重きを置いているものもあるので、掃除機にとって吸引力が全てとは言えない面もあります。この吸引力がある掃除機の人気1~5位までを挙げてみます。

●1位「東芝 トルネオV VC-SG512」

本体質量3.3kgで、2つのサイクロンを垂直設計したコンパクトなサイクロン式の掃除機です。遠心力を生み出す12気筒のサイクロンが、吸引力低下の要因となる微細なゴミを99.9%分離します。遠心分離ゾーンが遠心分離で吸引力を99%以上持続させ、圧縮集塵ゾーンはゴミを約1/5に圧縮し、ゴミの舞い上がりを防ぎます。イオンカーボンヘッドが付着する菌などを除去します。

●2位「日立 コードレススティッククリーナー PV-BC500」

本体重量2.5kgで、軽い操作でしっかりと吸引するコードレス掃除機です。「SDハイパワーファンモーター」「パワーブーストサイクロン構造」で、フローリングの溝に潜むゴミをしっかりと吸引します。ヘッドが自走するので強力パワーでもヘッドが床に吸い付くことなく軽い操作で掃除できます。スティック時は、床近くに重心があり、手元の負担を軽減し、ハンディ時は手元近くに重心があり、細かい操作がしやすくなっています。

●3位「ダイソン モーターヘッド DC63COM」

本体質量2.75kgで、24個の内側のサイクロンが同時に機能することで、風量を強めて強力な遠心力を生み出す2 Tier Radial サイクロンで、より多くのゴミを分離します。家具や障害物が簡単に避けられるように設計され、小回転半径で即座に方向転換ができます。ナイロン製のブラシがカーペットのゴミをかき取り、カーボンファイバーブラシがフローリングのホコリを取り除きます。

●4位「日立 パワーブーストサイクロン PV-BD700-N」

強力な吸引力を持ち、ハンディにもスティックタイプにもなるコードレス掃除機です。小型・軽量と高効率を両立させたファンモーターが強力パワーを生み出します。ブーストさせてパワーを強めたサイクロン気流が、ごみと空気を遠心分離します。新開発の「きわぴた」構造で、ヘッド前側を壁に付けたときに前側から底面へ空気の流れが生まれ、壁ぎわのごみも吸引します。

●5位「ミーレ CompactC2 ホームケアスペシャリスト SDCO0NB」

どんなゴミも取り逃さない、驚きの吸引力を持つ紙パック式の掃除機です。細部まで精密に設計されたフロアノズル、スムーズな空気の流れを可能した本体設計と気密性、力強いパワーと耐久性を持つ高性能モーターによりダストピックアップ率は99.3%となっています。排気を徹底的にろ過する11層構造のエアクリーンシステムを搭載しています。

●まとめ・サイクロン式と紙パック式で吸取り実感が違う

吸引力のある掃除機は、スティックタイプ、サイクロン式、紙パック式と様々ありますが、吸込仕事率という指標だけでは、ひとくくりできないかもしれません。サイクロン式掃除機は、紙パック式のように吸込仕事率を主として比較はしないようです。外国メーカーの掃除機では、国際的なダストピックアップ率に要点をおいているので吸込仕事率はかなり低い値となっています。しかし、ヘッドを床に密着させる方法を取るため、実質、吸込仕事率が低くても標準的にゴミが吸い取れるとされます。国産メーカーのサイクロン式掃除機では、吸込仕事率は200W~400Wまでありますが、600W以上ある紙パック式と実感的にはそれほど差がないという意見もあるほどです。紙パック式では吸引力などは数値で推し量りやすく、サイクロン式では、吸引力は実感で得るものと言えます。

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA