ピンク色の掃除機ランキング

ピンク色の掃除機ランキング

掃除機名・メーカー名
パナソニック MC-PK17G           参考流通価格:19660円
日立コードレスクリーナー FR7D        参考流通価格:7992円
Dyson Digital Slim DC45 モーターヘッド   参考流通価格:33000円
シャープ FREED 2 EC-SX210         参考流通価格:20900円
アイリスオーヤマ IC-SLDC1         参考流通価格:11420円

●掃除を楽しくさせるピンク

各社の掃除機の性能的な面で大差がなくなると、デザインや色による好みが機種選びに大きく影響します。家事をメインにこなす女性に好まれる色は、やはりビンクとなります。ピンクが好きな人はロマンチストとされ、男性でも花や絵、音楽などの優しさを感じるものが好きな傾向にあります。女性の場合、結婚をして年を重ねても、心のどこかに少女らしい一面を持っていることが多いようです。男女ともに芯が強く、しっかりとしていて嫉妬深いという女性的な性質を多く持つとされます。深層心理では、美などの憧れ、老いへの恐れがあるとピンクを好きになるとされます。ピンクは明るく元気な気持ちにさせ、振舞い優しくすることが知られています。掃除をどことなく楽しい雰囲気にさせるのがピンクの掃除機ではないでしょうか。ボディーカラーがピンクで人気の掃除機を1~5位までを挙げてみます。

●1位「パナソニック MC-PK17G」

扱いやすい軽さと吸引力をよりハイパワーにしたコンパクトモデルの掃除機です。「エアダストキャッチャーつきパワフル自走ノズル」で、床上のハウスダストまでキレイにします。エレガントで高級感のある「シェルストライプ」デザインは、多くの購入者から支持されています。使い勝手の良い紙パック式でキャニスタータイプ。この掃除機のピンクは、独特のローズゴールドというピンクで、普通のピンクよりもゴージャスな印象があります。

●2位「日立コードレスクリーナー FR7D」

価格、色合い、デザインのバランスが良く、人気となっています。ほぼ同等のクラスには、マキタ製のライバル
機種「4076DW」がありますが、その吸込仕事率14Wであるのに対し、日立の方は18Wあります。吸引力は、約1.29倍となり、性能面でも満足のいく掃除機として知られています。ピンクの色合いは、メタリカルな印象があり、家電としての掃除機とベストマッチしています。

●3位「Dyson Digital Slim DC45 モーターヘッド」

ダイソンで最もパワフルで軽量なコードレスクリーナーです。最新のリチウムイオン充電池を採用し長時間使用が可能になり、ヘッドのパワーも強力になっています。わずか82mm高のクリーナーヘッドで、狭い家具の下も掃除できます。高い場所も低い場所も自在に掃除できる、軽量アルミ製のピンクのロングパイプが印象的です。様々なタイプの床や場所に適した付属ノズルも付いています。

●4位「シャープ FREED 2 EC-SX210」

ピンクの色合いは、ショッキングピンクに近く鮮やかです。本体軽量化の際、モーターやバッテリーなどの配置を見直し、吸込口とハンドルを結ぶ中心軸上に重心を置く「マジックバランス」を採用しています。これで手への負担が減り、ピンクを好む女性にとっても、より軽やかに使えるようになっています。また「大風量ターボモーター」によりゴミを前からも横からも強力に吸い取ります。

●5位「アイリスオーヤマ IC-SLDC1」

薄い上品なピンクの色合いです。重さ約1.3Kgの超軽量スティッククリーナーで、重心のバランスを最適にし、抜群の操作性を持ちます。重心を手元に置くことで、クリーナーヘッド部分の操作性がスムーズになっています。
「サイクロンストリームヘッド」がヘッド内部に縦回転のサイクロン気流を発生させ、微細なほこりを強力に巻き上げて吸い上げます。ほこり感知センサーが、ほこりの量に合わせ自動でパワー制御し消費電力を抑えます。

●まとめ・色も選択肢の一つ

性格的にピンク好きの人は、心が温かく親切、愛情に溢れていて、繊細な人が多いようです。いつまでも生命力にあふれ、恋愛感情を失いたくないと願う人もピンクを好みます。情熱の赤と清純の白を混ぜ合わせた色がピンク。赤寄りの濃いピンクが好きな人は、ピンクの特徴に加えて行動力や実行力があるとされます。一方、白寄りの薄いピンクが好きな人は、気配り上手で上品な振る舞いができるとされます。また、リラックス効果があり、リビングや寝室などのインテリアにピンクを取り入れることもあります。このピンクを掃除機に採用するわけですから、心身共に穏やかになり、ゴミも吸い取るので、体の免疫力を高めることもできるのではないでしょうか。時には家電を性能ではなく、色によって選択してみるのも良いかもしれません。